1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度6月一覧
  5. G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合を開催しました

G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合を開催しました

2019年6月10日

6月8日(土曜日)及び9日(日曜日)、経済産業省は、総務省及び外務省との共催により、G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合を開催しました。会合では、世耕経済産業大臣が石田総務大臣、河野外務大臣とともに共同議長を務め、閣僚声明を採択するとともに、議長声明を発出しました。

1. G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合

経済のデジタル化の進展に伴い、貿易とデジタル経済は不可分な課題となっています。今回、G20として初めて、貿易大臣とデジタル経済大臣が一堂に会する会合を開催しました。

会合では、貿易摩擦が激化し、世界貿易を取り巻く情勢が極めて厳しくなる中、貿易摩擦の問題に取り組む必要性をG20全体で確認しました。また、三極貿易大臣会合で議論してきた通報制度改革や通常委員会といったWTO改革の具体的内容をG20として初めて位置づけるとともに、WTOの紛争解決制度についての行動の必要性にも合意しました。加えて、三極貿易大臣会合で議論してきた産業補助金ルール強化の必要性についてG20で初めて言及すると共に、日本がリードしているWTO電子商取引の有志国によるルール作りについて、G20として初めて位置づけることができました。

デジタル分野では、「データ・フリーフロー・ウィズ・トラスト」というコンセプトにG20全体で合意しました。データの国際的な流通が経済成長につながること、人々や企業間の信頼がデータの流通を加速すること、信頼につながる各国の法的枠組みは相互に接続可能なものであるべきことを確認しました。さらに、政策や規制そのものをデジタル化し、機動的で柔軟なものとしていく必要があること、またステークホルダーが参加して政策をつくること、すなわちガバナンス・イノベーションが必要であることについて確認しました。

2. 各国とのバイ会談(世耕大臣)

世耕大臣は、アンシップEU副委員長、アル=カサビ・サウジアラビア商業投資大臣、ラタス・エストニア首相、マルムストローム欧州委員、バーミンガム豪貿易・観光・投資大臣、アルトマイヤー独経済エネルギー大臣、ゴヤル印商工・鉄道大臣、パテル南アフリカ貿易産業大臣、ペキジャン・トルコ貿易大臣、チャン・シンガポール貿易産業大臣とそれぞれバイ会談を行い、会合のアジェンダや二国間関係等に関する意見交換を行いました。更に、会合の合間にはライトハイザー米国通商代表と電話会談を行いました。

(1)アンシップEU副委員長との会談

アンシップ副委員長とは、データ政策、特にDFFT(データ・フリーフロー・ウィズ・トラスト)のコンセプトや、プライバシー政策、AI政策等の日欧連携について議論しました。

(2)アル=カサビ・サウジアラビア商業投資大臣との会談

アル=カサビ商業投資大臣とは、来年のG20における協力や日・サウジ・ビジョン2030等について意見交換しました。

(3)ラタス・エストニア首相との会談

ラタス首相とは、データ流通などについて意見交換すると共に、今後の二国間関係の更なる進展に向けた議論を行いました。

(4)マルムストローム欧州委員との会談

マルムストローム委員とは、WTO改革など会合の主要アジェンダを含む幅広い議論を行いました。

(5)バーミンガム豪貿易・観光・投資大臣との会談

バーミンガム貿易・観光・投資大臣とは、WTO電子商取引有志国イニシアチブやRCEPに関する連携について確認しました。

(6)アルトマイヤー独経済エネルギー大臣と世耕大臣の会談

アルトマイヤー経済エネルギ―大臣とは、 ハノーバー宣言に基づく協力の進展を歓迎するとともに、今後の更なる二国間関係強化や両国共通の課題等に関して議論を行いました。

(7)ゴヤル印商工・鉄道大臣との会談

ゴヤル商工・鉄道大臣とは、RCEPのほか、WTO改革など本会合に関する議論を行いました。

(8)パテル南アフリカ貿易産業大臣との会談

パテル貿易産業大臣とは、更なる対南アフリカ投資の促進や、会合のアジェンダであるWTO改革等について議論しました。

(9)ペキジャン・トルコ貿易大臣との会談

ペキジャン大臣とは、日トルコEPAに関する議論を行いました。

(10)チャン・シンガポール貿易産業大臣との会談

チャン大臣とはWTO改革やRCEP交渉の進め方、二国間・多国間のデジタル分野の協力のあり方等について議論しました。

3. 各国とのバイ会談(石川大臣政務官)

また、石川経済産業大臣政務官はジェームズ・英デジタル・文化・メディア・スポーツ省デジタル・創造産業担当大臣、ジャニエス・チリ外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣、ジェラーチ・イタリア経済振興省政務次官とそれぞれ意見交換を行いました。

(1)ジェームズ・英デジタル・文化・メディア・スポーツ省デジタル・創造産業担当大臣との会談

ジェームズ大臣とは、今回の会合のアジェンダであるデータフリーフローウィズトラストやガバナンスイノベーションのほか、二国間経済関係の更なる強化等について議論しました。

(2)ジャニエス・チリ外務省国際経済関係総局長兼貿易副大臣との会談

ジャニエス副大臣とは、今回の会合のアジェンダであるWTO改革や電子商取引交渉の後押し等について議論しました。

(3)ジェラーチ・イタリア経済振興省政務次官との会談

ジェラーチ政務次官とは、WTOを巡る諸課題や、日EU・EPA発効を踏まえた二国間での貿易投資の拡大について議論しました。

担当

通商政策局国際経済課長 柏原
担当:船橋
電話:03-3501-1511(内線2971~4)
03-3501-1990(直通)
03-3580-8746(FAX)