貿易救済セミナーを開催します

あまり知られていないアンチダンピングの効果や申請の進め方をわかりやすく解説

2019年6月12日

近年、グローバルレベルでの競争の激化や過剰生産等を背景に、公正な競争環境の回復に向けたアンチダンピング(AD) 措置の活用が世界的に増えています。
本セミナーでは、経済産業省より、ADの最近の動向や、措置活用の効果等について解説します。

1. 概要・目的

アンチダンピング(AD)措置とは、輸出国の国内価格よりも低い価格による輸出(ダンピング輸出)が、輸入国(日本)の国内産業に被害を与えている場合に、その価格差を相殺する関税を賦課できる措置のことであり、世界貿易機関(WTO)協定において認められているものです。

近年、グローバルレベルでの競争の激化や過剰生産等を背景に、公正な競争環境の回復に向けたAD措置の活用が世界的に増えています。AD措置の発動件数は、2011年と2017年を比較すると世界全体で約2倍に増加しました。

本セミナーでは、経済産業省より、ADの最近の動向や、措置活用の効果等について解説します。

2. 日時・場所等

日時:2019年7月3日(水曜日)10時00分-11時45分(開場9時15分)
場所:経済産業省講堂(東京都千代田区霞が関1-3-1 本館地下2階)
プログラム:

※詳細はADニュースレター号外で御案内しています。こちらもご覧ください。

3. 申し込み

7月1日(月曜日)17時00分までに、下記URL(申し込みフォーム)よりお申込みください。

※本セミナーの運営は株式会社NTTデータ経営研究所に委託しており、申込みフォームは同社HPへのリンクとなりますので御了承ください。

担当

貿易経済協力局貿易管理部特殊関税等調査室長 平林
担当者:飯田、松島
電話:03-3501-1511(内線 3256~8)
03-3501-3462(直通)
03-3501-0992(FAX)