1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度6月一覧
  5. G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合を開催しました

G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合を開催しました

2019年6月18日

6月15日(土曜日)及び16日(日曜日)、経済産業省は、環境省との共催により、G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合を開催しました。会合では、世耕経済産業大臣が原田環境大臣とともに共同議長を務め、コミュニケおよび付属文書を採択しました。

1. G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合

(1)概要

日時
令和元年6月15日(土曜日)~16日(日曜日)
場所
長野県・軽井沢町
参加国等
25ヶ国・地域
(サウジアラビア、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中華人民共和国、EU、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、メキシコ、、オランダ、韓国、ロシア、シンガポール、南アフリカ、スペイン、タイ、トルコ、イギリス、アメリカ合衆国、ベトナム)
招待国際機関等
16機関
(ADB(アジア開発銀行)、B20(経済団体連合会)、ERIA(東アジア・ASEAN経済研究センター)、GECF(ガス輸出国フォーラム)、GEF(地球環境ファシリティ)、IEA(国際エネルギー機関)、IEF(国際エネルギーフォーラム)、IPEEC(国際省エネ協力パートナーシップ)、IRENA(国際再生可能エネルギー機関)、NEA(原子力機関)、OECD(経済協力開発機構)、SEforALL(万人のための持続可能なエネルギー)、UNEP(国連環境計画)、WB(世界銀行)、WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)、WEF(世界経済フォーラム))

(2)議論の内容

エネルギーや環境を巡る世界情勢は大きく変化しています。地球温暖化問題や、世界の経済成長を支えるための安価で安定的なエネルギーの確保といった課題に対処するため、今回、G20として初めて、エネルギー大臣と環境大臣が一堂に会する会合を開催しました。

①エネルギー大臣・環境大臣合同会合

②エネルギー大臣会合

(3)成果文書

2. 各国とのバイ会談(世耕大臣)

世耕大臣は、EUアリアス=カニェーテ・EU・気候変動・エネルギー担当委員、米国・ブルイエット・エネルギー副長官、サウジアラビア・アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣、IRENA・ラ・カメラ事務局長、インド・シン・電力・新・再エネ大臣、フランス・ポワルソン・連帯・エコロジー転換省国務大臣、インドネシア・ジョナン・エネルギー・鉱物資源大臣、オーストラリア・テイラー・エネルギー・排出削減大臣、トルコ・ドンメズ・エネルギー天然資源大臣とそれぞれ会談を行いました。また、EU、インドネシア、オーストラリアとは二国間協力に関する覚書や共同声明への署名等を行い、二国間エネルギー協力や世界のエネルギー情勢について意見交換しました。更に、日米EU間では水素協力強化に関する共同宣言に合意しました。

(1)EU・アリアス=カニェーテ・気候変動・エネルギー担当委員との会談

アリアス=カニェーテ・気候変動・エネルギー担当委員とは、水素、LNG、カーボンリサイクル等の分野での日EU間の協力について議論しました。また、日EU間でのイノベーション協力に関する共同ステートメントに合意するとともに、日米EU間での水素分野での協力に関する共同宣言に合意しました。

(2)日米欧で水素・燃料電池に関する共同宣言を発表

経済産業省(METI)、欧州委員会エネルギー総局(EC, ENER)及び米国エネルギー省(DOE)は、水素・燃料電池技術に関する三国・地域間の協力を強化することを確認し、共同宣言(Joint Statement)を発表しました。

(3)米・ブルイエット・エネルギー副長官との会談

ブルイエット・エネルギー副長官とは、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた日米協力の一つとしてLNG分野の協力を継続していくことを確認しました。また、原子力分野では、米国が建設を検討するVTR(多目的試験炉)計画への研究協力に関する覚書への署名を歓迎し、最終処分、廃炉等の協力を含め、日米の原子力協力の更なる強化について議論しました。

(4)サウジアラビア・アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣との会談

アル=ファーレフ・エネルギー・産業・鉱物資源大臣とは、石油の安定供給、市場の安定の重要性について確認しました。また、石油に加えて、省エネルギー、再生可能エネルギー等のエネルギー分野の協力、更に「日・サウジ・ビジョン2030」を通じたサウジアラビアの改革への支援についても議論しました。

(5)IRENA・ラ・カメラ・事務局長との会談。

ラ・カメラ・事務局長とは、世界の再生可能エネルギーの導入を拡大していくこと、また、水素分野の協力についても議論しました。

(6)インド・シン電力・新・再エネ大臣との会談

シン電力・新・再エネ大臣とは、「日印エネルギー転換協力プラン」の進捗状況を報告し、協力を強化することを確認されました。

(7)仏・ポワルソン・連帯・エコロジー転換省国務大臣との会談

ポワルソン・連帯・エコロジー転換省国務大臣とは、水素や原子力分野での日仏間の協力について議論しました。また、両国間でエネルギーイノベーション分野における連携を更に強化することで一致しました。

(8)インドネシア・ジョナン・エネルギー・鉱物資源大臣との会談

ジョナン・エネルギー・鉱物資源大臣とは、天然ガスや電力分野等での二国間の協力について議論しました。また、二国間のエネルギー分野での協力に関する覚書に署名するとともに、インドネシア政府と国際石油開発帝石(株)による、マセラ鉱区での天然ガス開発プロジェクトに関する基本合意書の署名に立ち会いました。

(9)豪・テイラー・エネルギー・排出削減大臣との会談

テイラー・エネルギー・排出削減大臣とは、水素やカーボンリサイクル等の協力について議論しました。また、これまで進めてきたエネルギー分野の二国間協力を更に強化するために、同分野の協力に関する覚書に署名しました。

(10)トルコ・ドンメズ・エネルギー天然資源大臣との会談

ドンメズ・エネルギー天然資源大臣とは、再生可能エネルギーや原子力等、幅広いエネルギー分野での協力のあり方について議論しました。

3. その他のバイ会談(関副大臣、石川政務官、資源エネルギー庁長官)

また、関副大臣は、シンガポール・コー・ポークン貿易産業国務大臣と、石川経済産業大臣政務官はブラジル・アルブケーケ鉱山エネルギー大臣、IEA ビロル事務局長、イタリア・クリッパ経済振興省政務次官、NEAマグウッド事務局長、カナダ・ルフェーブル天然資源省政務官とそれぞれ意見交換を行いました。また、髙橋資源エネルギー庁長官は、ドイツ・ファイヒト経済エネルギー省次官と意見交換を行いました。

(1)関副大臣とシンガポール・コー・ポークン・貿易産業国務大臣との会談

シンガポール・コー・ポークン・貿易産業国務大臣とは、電力分野等における今後の二国間協力について議論しました。

(2)石川政務官とブラジル・アルブケーケ鉱山エネルギー大臣との会談

アルブケーケ大臣とは、二国間で進んでいる省エネ人材育成インフラに関する二国間協力の更なる進展について議論しました。

(3)石川政務官とIEA ビロル事務局長との会談

ビロル事務局長とはIEAの水素レポートの発表を歓迎するとともに、IEAと後の協力を強化していくことに合意しました。

(4)石川政務官とイタリア・クリッパ経済振興省政務次官との会談

ジェラーチ政務次官とは、水素の利活用等、二国間の協力進展について議論しました。

(5)石川政務官とNEA・マグウッド事務局長との会談

マグウッド事務局長とは、最終処分ラウンドテーブルでの協力を含め、原子力分野における共通課題について議論を行いました。

(6)石川政務官とカナダ・ルフェーブル天然資源省政務官との会談

ルフェーブル政務次官とは、今回世耕大臣とソヒ天然資源大臣との間で署名された、エネルギー分野における協力覚書を歓迎するとともに、石油・天然ガス分野をはじめとした、二国間協力について議論しました。

(7)髙橋資源エネルギー庁長官とドイツ・ファイヒト経済エネルギー省次官との会談

ファイヒト次官とは、水素を含むイノベーション、電力部門等における両国の協力について議論しました。また、日独間でエネルギー転換における協力宣言に合意しました。

担当

資源エネルギー庁長官官房国際課長 田中
担当:石井、久田、内田
電話:03-3501-1511(内線4491~6)
03-3501-0598(直通)
03-3595-3056(FAX)