1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度6月一覧
  5. ハンドルロック「一発二錠」のケースが破損していたらすぐに自転車の使用を中止してください!

ハンドルロック「一発二錠」のケースが破損していたらすぐに自転車の使用を中止してください!

リコール実施(無償点検・改修)のお知らせ

2019年6月24日

同時発表:消費者庁

ブリヂストンサイクル株式会社及びヤマハ発動機株式会社が平成15年9月から平成27年5月までに製造したハンドルロック「一発二錠 」を搭載した自転車・電動アシスト自転車で、ハンドルロックケースの破損などが原因で誤作動し、ハンドル操作ができなくなり転倒するなどの事故が発生しています。該当製品をお持ちの方で、ハンドルロックのケースが破損している場合はすぐに自転車の使用を中止し、メーカーに連絡してください。

1.当該製品について

ブリヂストンサイクル株式会社(以下「ブリヂストンサイクル」という。)及びヤマハ発動機株式会社(以下「ヤマハ発動機」という。)が、平成15年9月から平成27年5月までに製造したハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車及び電動アシスト自転車。

「一発二錠」とは、ハンドルロック(前錠)と後輪錠(サークロック)を組み合わせた錠前システムで、後輪錠(サークロック)の施錠・開錠と連動してハンドルロック(前錠)も施錠・開錠する機構

2.この商品をお持ちの方へ

ハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車・電動アシスト自転車を御使用の方は、乗車前に以下の2項目を必ず確認し、異常が確認された場合は、すぐに自転車の使用を中止してください。ケースの破損やハンドルの動きに異常がみられる場合は、メーカーのコールセンターまでご連絡ください。ケースの破損だからと思って乗り続けていると危険です。

(1)ハンドルロックのケースの破損

ハンドルロックは、異常な強い力が加わると、内部の部品が破損しないように、ケースの表示部分が割れて異常を知らせる構造になっています。ケースの表示部分が割れていないか確認してください。

(2) ハンドルロック表示窓・ハンドルの動き

ハンドルロックには、施錠・開錠を識別する表示窓があります。後輪錠を操作したときに、施錠時に「赤」、開錠時に「青」を確実に表示するか確認してください。また、開錠時、ハンドルの動きにひっかかりがないかも確認してください。

なお、ブリヂストンサイクル及びヤマハ発動機では、以下のとおり、無償点検・改修を実施しています。

ブリヂストンサイクルURL: https://www.bscycle.co.jp/info/2019/6624外部リンク
「一発二錠」無償点検・改修お客様コールセンター:0120-502-092

ヤマハ発動機URL: https://www.yamaha-motor.co.jp/recall/pas/外部リンク
「一発二錠」無償点検・改修お客様コールセンター:0120-801-309

3.事故情報について

当該製品に関する事故情報については、令和元年6月18日時点において、消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき、ブリヂストンサイクル又はヤマハ発動機から6件の重大製品事故の報告(そのうち3件は調査中)がありました。

事故
発生日
通知
受理日
被害
状況等
事故内容 事故発生
都道府県
平成29年4月6日
 
A201700285
平成29年8月30日 重傷1名(靭帯損傷等) 電動アシスト自転車で走行中、当該製品のハンドルがロックし、転倒、負傷した。(事業者ブリヂストンサイクル) 東京都
平成29年5月31日
 
A201700229
平成29年7月21日 重傷1名(骨折等) 自転車で走行中、ハンドルがロックし、転倒、負傷した。(事業者ブリヂストンサイクル) 東京都
平成30年8月3日
 
A201800353
平成30年9月12日 重傷1名(擦過傷) 電動アシスト自転車で走行中、ハンドルがロックし、転倒、負傷した。(事業者ヤマハ発動機) 東京都

その他、現在、原因調査中ですが、ハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車及び電動アシスト自転車を走行中にハンドルがロックし、使用者が重傷を負った重大製品事故等が3件報告されています。

担当

産業保安グループ 製品安全課 製品事故対策室
担当者:大澤、橋爪
電話:03-3501-1511(内線 4311)
03-3501-1707(直通)
03-3501-2805(FAX)