標準化に関する懇談会を開催しました

標準化を通じた市場ルールの形成と企業への期待

2019年6月26日


経済産業省は、日本の産業界による標準を活用したルール形成の取組の一層の強化のため、産業界等の代表者の方々と世耕経済産業大臣との懇談会を実施しました。
懇談会では、新興国の台頭や対象分野の拡大等の環境変化を踏まえ、今後の標準化活動の官民の取組の在り方等について、活発な議論が行われました。

背景・趣旨

7月1日に改正JIS法施行を控え、標準化活動に関する政策/国内外動向の共有、官民の戦略的取組の機運醸成を目的として、経産省と産業界、国研、独法、関係団体との懇談(意見交換)を実施しました。
標準が企業の競争力や利益に直結する事例も出てくる中、グローバルでの標準化競争の激化など標準化を取り巻く状況や日本国内の現状を踏まえ、産業界等の代表者の皆様から、今後の標準化活動の方向性、在り方等について議論いただきました。

資料・結果概要等はこちら

担当

産業技術環境局基準認証政策課長 宮崎
担当者: 上原、出戸(でと)
電話:03-3501-1511(内線 3413~5)
03-3501-9232(直通)
03-3580-1418(FAX)