1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度7月一覧
  5. 「未来の教室」実証事業の公募を開始します

「未来の教室」実証事業の公募を開始します

2019年7月16日

経済産業省は、未来を見通しにくい時代を生きる子ども達一人一人が、未来を創る当事者(チェンジメイカー)に育つ学習環境を構築するために、昨年度、新たな教育プログラムの開発等に向けた実証事業(平成29年度補正予算「学びと社会の連携促進事業」(「未来の教室(学びの場)」創出事業)に取り組んでまいりました。本年6月にはその成果を踏まえ、「未来の教室」とEdTech研究会の第2次提言として、「未来の教室」ビジョンを公表しています。この度、「未来の教室」ビジョンの実現に向け、本年度実証事業の公募を行います。

1.事務局について

「未来の教室」事業は、ボストン コンサルティング グループ(以下、BCG)が事務局を受託しています。本件の公募についても、BCGが運営主体となって公募を実施します。

2.公募期間

令和元年7月16日(火曜日)18時00分~令和元年7月30日(火曜日)正午

※採択の結果は、BCGから8月1日(木曜日)以降に順次通知します。
※不採択通知も含めた最終結果は、全ての契約締結を終えた9月上旬に通知します。

3.公募要領

「未来の教室」とEdTech研究会が本年6月にとりまとめた「未来の教室」ビジョンをもとに、その実現に向け必要となる公募テーマを定めました。

公募テーマ

  1. 学校教育での「個別最適化・到達度主義の学び」を可能にする教育サービスの実証
  2. 将来的に公認可能な「学校外教育サービス(オルタナティブ教育)」の実証
  3. 新しい「部活動・放課後サービス」の実証
  4. 新しい「教職員向け研修サービス」の実証

※なお、本公募とは別に、STEAM教育プログラムの実証アイデアを広く募る「STEAMアイディアソン」の募集を7月末に実施予定です。詳細は下記公募要領をご覧ください。

関連リンク

担当

商務・サービスグループ サービス政策課
サービス政策課長/教育産業室長 浅野
担当者:柴田、渡邊、石澤、西崎
電話:03-3501-1511(内線 4021)
03-3580-3922(直通)
03-3501-6613(FAX)