1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度8月一覧
  5. 2019年度知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」第一期支援先10社を決定しました!

2019年度知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」第一期支援先10社を決定しました!

2019年8月8日

特許庁は、スタートアップの事業を知財で加速させる知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」の第一期支援先企業10社を決定しました。支援先企業には、ビジネス専門家と知財専門家からなる「知財メンタリングチーム」が派遣され、事業を加速する知財戦略を構築します。

1.知財アクセラレーションプログラム(IPAS)

本プログラムでは、支援先企業のコア技術・アイディアと事業計画から、ビジネス・知財の課題や支援ニーズを抽出し、対応した知識、スキルを持つ専門家からなる「知財メンタリングチーム」を組織します。
支援先企業と知財メンタリングチームは、3ヶ月間のメンタリングを通じて「経営×知財」戦略を構築し、事業の成長を目指します。
IPAS2019第一期には64社から応募があり、書類審査、ピッチ(プレゼンテーション)審査を経て、支援先企業として10社を決定しました。

2.IPAS2019キックオフイベント(採択企業 記者発表会)

8月28日(水曜日)31Builedge YAESUにて、IPAS2019第一期支援先企業を紹介するキックオフイベントを開催します。また、昨年度IPAS2018参加企業がIPASを通じて得られた支援、成果について講演します(参加無料)。

3.ウェブサイト(IP BASE)での掲載

4.第一期支援先企業一覧 (50音順)

5.IPAS2019公募(第二期)

IPAS2019の第二期の公募を、9月1日(日曜日)まで実施しています。
応募はウェブサイト(IP BASE)外部リンクにて受け付けていますので、御興味ある方はぜひ御応募ください。

関連リンク

担当

特許庁総務部企画調査課長 小松
担当者:菊地、進士

電話:03-3581-1101(内線 2156)
03-3592-2910(直通)
03-3580-5741(FAX)