関経済産業副大臣が中国に出張しました

2019年8月26日

関経済産業副大臣は、第12回中国・北東アジア博覧会に出席するために、2019年8月22日(木曜日)から8月24日(土曜日)にかけて、中華人民共和国・長春を訪問しました。

1.「第12回中国・北東アジア博覧会」におけるスピーチ

(1)2019年8月23日(金曜日)、長春において中国商務部、国家発展改革委員会及び吉林省政府が主催する第12回中国・北東アジア博覧会が開催されました。経済産業省からは、関経済産業副大臣が参加しました。中国からは胡春華国務院副総理や王受文商務部副部長、巴音朝魯(ばいんちょうろ)吉林省党委書記、景俊海吉林省長などの中央・地方政府高官が参加し、海外からは各国の政府高官が出席しました。博覧会には、約20カ国の企業・団体や、中国国内の民間企業等などにより、1,300を超えるブースが出展されました。

(2)当該博覧会のイベントとして、北東アジア地域における経済貿易協力について各国要人が講演する「第10回北東アジア協力ハイレベルフォーラム」が開催され約1,200名が出席しました。フォーラムでは、関経済産業副大臣から、最近の日中協力の紹介や日本と中国東北地域との経済協力の強化についてスピーチを行いました。

2.中国政府高官等との会談

(1) 8月22日(木曜日)、景俊海吉林省長と会談し、中国東北地域と日本との経済交流の重要性について一致するとともに、第三国市場協力、省エネ環境・日中介護ビジネスなどについて意見交換を行いました。

(2) 8月23日(金曜日)、王受文中国商務部副部長と会談し、商務部との協力や中国におけるビジネス環境について意見交換を行いました。

3.現地日系企業の視察、意見交換

8月23日(金曜日)、関副大臣は、長春市にある一汽トヨタ工場を訪問するとともに、現地日系企業の方々と懇談し、中国東北地域の現状や今後の展望について意見交換を行いました。

担当

(本発表資料のお問い合わせ先)

通商政策局北東アジア課長 小林
担当者:斧

電話:03-3501-1511(内線3016~9)
03-3501-0531(直通)
03-3501-6024 (FAX)