1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度9月一覧
  5. 令和元年台風第15号による被害・対応状況について(9月9日(月曜日)21時時点)

令和元年台風第15号による被害・対応状況について(9月9日(月曜日)21時時点)

2019年9月9日

経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおりとなります。
Twitter「経済産業省@meti_NIPPON」でも、最新状況を発信しています。

1. 電力(停電戸数)

東京電力 約689,200戸

茨城県:約43,400戸
千葉県:約597,300戸
神奈川県:約32,800戸
静岡県:約15,500戸

※最大供給支障戸数 約934,900戸(9月9日 7時50分時点)
※停電の主な原因は、暴風雨・飛来物による配電設備の故障。
※千葉県、茨城県、神奈川県、静岡県については、9月9日夜に停電の復旧計画を東京電力HPで公開。
※栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、山梨県は、停電復旧済み。
※千葉県君津市で送電線鉄塔2基が倒壊。詳細調査中。
※東京電力では、9月8日 22時00分に災害対策本部を設置し約2,300名体制で対応中。
※他電力会社からの応援体制は、発電機車81台、復旧要員約1,300人。
※現時点で、役所施設や拠点病院等の重要施設における停電情報はなし。
※東京電力からはTwitter等で停電情報を発信。
※千葉県市原市の山倉水上メガソーラー太陽光発電所において、パネル破損及び火災が発生。
※千葉県旭市の飯岡風力発電所において、風力発電設備のブレード1本が破損。人的被害は無し。

東北電力

停電復旧済み

2. 都市ガス

現時点で被害情報なし

※千葉県:東京ガス佐倉支社が都市ガスを供給している、四街道地区において、停電の影響で他社からのガスの受け入れができない状況。現在は、タンク貯蓄分(ガスホルダー2基)の消費で、ガスの使用はできているものの、現在の使用状況を勘案すると、16時半頃に需要家15,000戸で供給支障となる可能性あり。(9月9日 13時00分)
※ガス供給のバックアップをお願いしているその他の事業者からの供給が可能となり、供給支障は回避。(9月9日 16時00分)
※当該エリアのガスグループは12A

3. 高圧ガス・火薬類

高圧ガス工業(株)横浜営業所が浸水し、高圧ガスボンベが容器置場から敷地外へ流出した。現在、流出ボンベはすべて回収済。ガス漏洩はなし。

4. 石油・コンビナート

(1)製油所・油槽所

JXTGエネルギー(株)の2製油所(根岸製油所及び川崎製油所)、コスモ石油の1製油所(千葉製油所)について、一部精製装置が停止中。(出荷機能には影響なし)
いずれの装置も数日中に復旧見込みであり、在庫も十分にあるため、地域の安定供給には支障がない見込み。

(2)コンビナート

JXTGエネルギー(株)袖ケ浦事業所で、倉庫内の製品缶から潤滑油50リットルが漏洩したが、既に回収済。なお、海上流出及び人的被害はなし。
古河電気工業(株)千葉事業所で、野外危険物ヤード内にある試験用変圧器の分圧器が落下し、内部の絶縁油が約100リットル(PCBを含む)が漏洩し、排水桝まで流れたもの。海上流出なし。現在、詳細を確認中。
JFEスチール(株)東日本製鉄所千葉地区で、塩酸が海洋流出したもの。現在、流出は止まっている。流出量及び範囲は確認中。

(3)石油パイプライン

成田国際空港(株)の千葉港頭石油ターミナル(東京湾に位置)で、4、5号桟橋に隣接する消火ポンプ室が浸水。
航空燃料を荷揚げするためには、消火機能確保が必要であり、現在、消火機能を確認中。それに伴い、4、5号桟橋の揚油は停止中。現在、他の消化ポンプ室からのバックアップを確認中だが、復帰時期は未定。
内陸にある燃料タンクに8.2日間分(16時00分時点)の貯蔵があるため、運航への支障はなし。

5. SS

設備被害により、千葉県内で5か所、神奈川県内で9か所、茨城県内で2か所のSSにおいて、営業停止を確認。また、停電により、千葉県内で14か所、神奈川県内で1か所、茨城県内で7か所、東京都内で5か所のSSにおいて、営業停止を確認。引き続き情報収集中。

6. LPガス備蓄基地、充填所

現時点で被害情報なし

7. 工業用水

茨城県(鹿島3期工業用水道事業 鰐川浄水場)供給再開
※06時38分 給水停止⇒12時55分 給水再開:停電解消

福島県(小名浜工業用水道事業) 供給再開
※10時31分 給水停止⇒11時30分 給水再開:ポンプ不具合解消

福島県(勿来(なこそ)工業用水道事業)供給停止(取水門ゴミ詰まり)
※供給再開等は確認中

8. コンビニ・スーパー

茨城県、神奈川県等の一部店舗で一時営業停止中

9. 工場等の被害状況

一部、企業で物流拠点(横浜)が浸水、生産活動への影響は軽備な見込みだが、引き続き調査中。

担当

大臣官房 広報室長 野澤
太刀川、藤井、内田

電話:03-3501-1511(内線2276)
03-3501-2857(直通)
03-3501-6942(FAX)