1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度9月一覧
  5. 知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~申込受付中!

知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~申込受付中!

2019年9月10日

特許庁、近畿経済産業局は、令和元年10月23日(水曜日)に、大阪市で「知財のミカタ~巡回特許庁inKANSAI~」を開催します。誰もが知るヒット商品であるサントリー「クラフトボス」、ワコール「CW-X」、小林製薬「アイボン」の開発担当者・知財担当者が、開発の裏側とその中に隠れた知財の視点でパネルディスカッションを行うほか、EC市場において世界トップクラスのシェアを誇るアリババの社員によるECサイト上での効果的な模倣品対策についてのセミナーなど、魅力的な個別セッションを6つ用意しています。また、近畿全域で出張面接を集中的に実施します。

1.「知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~」とは

知財は、「自分には関係ない」、「難しそう」といった知財の“見方”を変え、知財を“味方”にして活用するきっかけ作りを目的に、全国各地で「知財のミカタ~巡回特許庁~」というイベントを開催しています。
今回で5年連続開催となる大阪府では、売れる商品や儲かるビジネスをどう作るかについて、第一線で活躍する商品開発担当者や知財の専門家が講演し、商品やビジネスを支える知的財産の視点をご紹介します。

2.開催概要

(1)知財のミカタ~巡回特許庁in KANSAI~

開催日:令和元年10月23日(水曜日)
開催場所:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪北館地下2F)
<プログラム>(詳細は別添リーフレット参照)

メインセッション

ヒットのヒケツ~「クラフトボス」、「CW-X」、「アイボン」―あのヒット商品の裏には「知財」がある~
誰もが知るヒット商品について、メーカーの商品開発担当者・知財担当者が、開発の裏側、開発と知財との連携や、商品の中に隠れた知的財産の視点について、講演とパネルディスカッションを行います。

モデレーター:小林 昭寛氏(大阪工業大学大学院 知的財産研究科 教授)

パネリスト:大塚 匠氏(サントリー食品インターナショナル株式会社 ジャパン事業本部 ブランド開発事業部 課長)
清家 望氏(株式会社ワコール 卸売事業本部 ウエルネス事業 事業企画課 課長)
澤村 茂樹氏(小林製薬株式会社 グループ統括本社 法務知財部知的財産2グループ 弁理士)

個別セッション

①デザインのチカラ ~デザインから起こすイノベーション~

デザインを活かしてイノベーションを起こし、ヒット商品を世に送り出した関西企業2社(株式会社ロゴスコーポレーション、平安伸鋼株式会社)の取り組みについて、講演とパネルディスカッションを行います。

②ベンチャーこそ知財 ~激戦の半導体業界に挑むベンチャー企業の知財戦略~

京都大学発のベンチャー企業であり、事業プランと連携した緻密な知財戦略を構築している株式会社FLOSFIA。今年度の「知財功労賞」経済産業大臣賞を受賞した同社の取組について、人羅代表取締役社長が講演します。

③日本弁理士会併催イベント 知財ミックス戦略 ~創作による成果の保護の方法~

商品の魅力的なネーミング・デザインを保護するために、知財をどのように活用していくかについて、知財の専門家がご説明します。

④アリババの専門家が語る!中国ECサイトにおける模倣品対策セミナー

EC市場において世界トップクラスのシェアを誇るアリババの社員が、中国ECサイト上の模倣被害の現状、模倣品を発見した時の効果的な対策などを分かりやすく紹介します。

⑤世界標準で拓く未来 ~標準取得の支援施策と中小企業の活用事例~

技術や製品の評価基準や品質基準を定めることで、自社製品の信用度向上や市場拡大の可能性を高める標準化制度。経済産業省の標準化制度担当者がその支援施策を、株式会社日吉の村田代表が活用事例を講演します。

⑥知らなかったら一大事!?第三者の抜け駆け出願等の「悪意の商標出願」対策セミナー

商標(ブランド)が無関係の第三者によって勝手に出願されてしまう、「抜け駆け出願」の対策について、特許庁の商標審査官がわかりやすく説明します。

何でも相談コーナー(申込不要)

INPIT大阪府知財総合支援窓口の支援担当者、大阪府よろず支援拠点のコーディネーター、INPIT-KANSAI知財戦略エキスパート、特許庁の審査官が、知財や経営に関するお悩み・ご相談に対応します。

(2)出張面接

開催期間:令和元年10月23日(水曜日)~11月19日(火曜日)
開催場所:近畿全域(福井県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)

3.参加申込方法

プログラム・参加申込等の詳細は、以下のホームページをご覧ください。

担当

特許庁 総務部 普及支援課長 佐野
担当者:大谷、太田、金原
電話:03-3581-1101(内線2107)
03-3501-5878(直通)
03-3506-8615(FAX)