水素・燃料電池技術開発戦略を策定しました

2019年9月18日

水素・燃料電池戦略協議会では、水素社会の実現に向けて、水素基本戦略(2017年12月策定)、第5次エネルギー基本計画(2018年7月策定)及び水素閣僚会議における東京宣言(2018年10月)等を踏まえ、2019年3月に「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の改訂を行いました。
今般、同ロードマップにおいて分野毎に掲げる目標の達成に向けて具体的な技術開発事項を定める「水素・燃料電池戦略技術開発戦略」を策定しました。

1.背景・目的

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2019年6月に「水素・燃料電池プロジェクト評価・課題共有ウィーク」を開催し、NEDOが実施する研究開発事業の評価、ユーザー側からのニーズ提示、新たなシーズの発掘を行うなど、産学官全体に渡る技術開発の活性化に向けた議論を行いました。

本ウィークで洗い出した水素・燃料電池分野の技術開発に係る課題等を踏まえ、水素・燃料電池戦略協議会において、重点的に取り組むべき技術開発事項を定めた「水素・燃料電池技術開発戦略」を策定しました。今後、当該戦略に基づき、水素・燃料電池戦略ロードマップで掲げる目標の達成に向けて、技術開発のより一層の推進を図っていきます。

2.ポイント

水素・燃料電池技術開発戦略では、水素社会の実現に向け、➀重点的に取り組むべき技術開発3分野10項目を特定するとともに、②技術開発プロジェクト評価、ニーズ情報とシーズ情報のマッチング、諸外国との連携強化に継続して取り組んでいくこととしています。

参考資料

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギーシステム課長 白井

担当者:牟田、小野、泉田、丸島、大福

電話:03‐3501-1511(内線4558、4559)
03-3580-2492(直通)
03‐3501-1365(FAX)