1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度9月一覧
  5. 令和元年度審査の質についてのユーザー評価調査報告書を公表します

令和元年度審査の質についてのユーザー評価調査報告書を公表します

2019年9月30日

特許庁は、ユーザーの声を品質管理施策に反映させるため、毎年度、審査の質についてのユーザーの評価を調査し、その分析結果を公表しています。
令和元年度調査の結果、特許審査の質全般に対する「普通」以上の評価は93.7%(前年比0.7ポイント減)、国際特許(PCT)出願の国際調査等の質全般に対する「普通」以上の評価は97.4%(前年度比1.2ポイント増)でした。
意匠審査の質全般に対する「普通」以上の評価は95.1%(前年度比1.4ポイント減)、ハーグ協定ジュネーブ改正協定に基づく国際意匠登録出願に対する審査の質全般に対する「普通」以上の評価は96.8%(前年度比7.9ポイント増)でした。
商標審査の質全般に対する「普通」以上の評価は90.2%(前年度比2.8ポイント減)でした。
実施庁目標である、「コミュニケーションに関するユーザーの評価」については、特許・意匠・商標ともに目標を達成しました。

1.本調査の背景

国際的に信頼される質の高い審査は、企業の円滑な事業展開を支援し、イノベーションの促進や健全な取引維持を図る上で重要です。特許庁は、審査の質の現状や、審査に対するユーザーの声を把握し、今後の品質管理施策に反映させるため、特許・意匠・商標の審査の質についてのユーザーの評価を調査し、分析しています。

2.調査手法

平成30年度の審査の質全般と、特定の出願の審査の質(特許・商標は対象者の出願からランダム抽出、意匠は回答者が自己の出願から任意選択)における複数の項目について、それぞれ5段階で回答をいただきました。調査は令和元年5月~6月に実施し、回答率は約9割でした。回答数は下記のとおりです。

(特許)650者のユーザー、2,465件の出願
(意匠)313者のユーザー、204件の出願
(商標)379者のユーザー、374件の出願

3.調査結果の概要と今後の対応

(1)特許

(2)意匠

(3)商標

(※)平成30年度に特許庁が達成すべき目標の1つとして「コミュニケーションに関するユーザーの評価」の上位評価割合を、特許・商標では60%以上とすること、意匠では65%以上とすることが設定されています。

4. 詳細な調査結果

報告書全体は、下記URLから参照できます。

関連リンク

担当

特許庁 審査第一部 調整課 品質管理室長 石原
担当者:南川

電話:03-3581-1101(内線3121)
03-6810-7459(直通)
03-3595-4553(FAX)