台風19号に伴う停電への対応について

2019年10月13日

昨晩伊豆半島に上陸した台風19号の影響により、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力の管内において合計で最大約52万軒の停電が発生しました。今朝8時の時点でも、なお、合計約35万軒の停電が続いています。住民生活への負担を最小限に留めるよう、各電力会社に対して、菅原経済産業大臣は以下の指示をしました。

概要

  1. 早期の復旧に努めること。復旧作業に当たっては、 現場の安全確保を図ること。
  2. 迅速な停電状況の把握に努めるとともに、復旧に要する期間について、精度の高い見通しを示すこと。
  3. 停電が長引く地域の病院や公共施設などの重要施設について、自治体と協力し、優先的な復旧や電源車の配備を行うこと。
  4. HPやTwitterを活用し、住民の立場に立って迅速・正確に情報発信を行うこと。