1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度11月一覧
  5. 「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定されました

「特許法等の一部を改正する法律の施行期日を定める政令」が閣議決定されました

2019年11月1日

本日、第198回通常国会において成立した「特許法等の一部を改正する法律」の施行期日を定める政令が閣議決定されました。附則第1条本文において定める施行期日は令和2年4月1日となります。

1.背景

第198回通常国会において、損害賠償額算定方法の見直し、意匠法の保護対象の拡充、関連意匠制度の拡充等を図る「特許法等の一部を改正する法律」が成立しました。

同法において政令に委任された施行期日を定めるため、本日、政令が閣議決定されました。

2.政令の概要

特許法等の一部を改正する法律附則第1条本文において定める施行期日を令和2年4月1日とします。
 

参考リンク(詳細はこちら)

「特許法等の一部を改正する法律」(2019年5月17日公布)

関連資料

担当

特許庁 総務部 総務課 制度審議室長 川上
担当者:橋本、石川

電話:03-3501-1512(内線 92118)
03-3581-5013(直通)
03-3501-0624(FAX)