1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度11月一覧
  5. 牧原経済産業副大臣が中国(上海)を訪問しました

牧原経済産業副大臣が中国(上海)を訪問しました

2019年11月6日

牧原経済産業副大臣は、中国・上海において開催された第2回中国国際輸入博覧会及びWTO非公式閣僚会合に出席するため、令和元年11月4日(月曜日)から6日(水曜日)にかけて出張しました。

1.第2回中国国際輸入博覧会

「中国国際輸入博覧会」は、中国政府が輸入を拡大して、貿易自由化を推進するために開催する大規模な展示商談会です。日本は、日本貿易振興機構(ジェトロ)が総合窓口となり、日本企業全体で各国最多となる371企業・団体が出展しました。牧原副大臣は、歓迎レセプションや開幕式へ出席するとともに、ジェトロが窓口となり設置した「ジャパン・パビリオン」など日本企業の出展ブースを視察しました。

会期:2019年11月5日(火曜日)~10日(日曜日)

会場:国家会展中心(上海)

規模:36万平米

主催者:中国商務部、上海市人民政府

運営機関:中国国際輸入博覧局、国家会展中心(上海)

来場者: 国内外バイヤー、一般来場者、政府関係者等

2.WTO非公式閣僚会合

中国が議長を務め、34のWTO加盟国及びWTO事務局が参加しました。第12回WTO閣僚会議(MC12)で達成すべき成果や、WTO改革の取組みについて議論が行われました。

牧原副大臣からは、WTOのルール機能強化と監視機能強化の必要性を述べ、特にWTO電子商取引交渉について、G20大阪サミットで発出された「デジタル経済に関する大阪宣言」に基づきMC12までに実質的な進捗を目指すことの重要性を強調しました。また、投資円滑化に関する有志国会合が開催され、MC12までに具体的な成果を得るべく、作業を強化していくことで合意し、閣僚声明(別添)を発出しました。

3.中国商務部との会談

王炳南・中国商務部副部長と、日中経済関係の更なる発展について意見交換し、 日本産食品の輸入規制の早期撤廃・緩和を申し入れました。

関連リンク

担当