1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度11月一覧
  5. [都市ガス]北海道内で一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生しました

[都市ガス]北海道内で一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生しました

2019年11月26日

11月25日(月曜日)に、北海道内で一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生しました。

1.事故の概要

11月25日(月曜日)に、北海道内で一酸化炭素中毒事故(軽症2名)が発生しました。これを受け、ガス事業法に基づき、北海道瓦斯株式会社(法人番号:5430001021815)から北海道産業保安監督部に事故の報告がありました。詳しい事故の状況は以下のとおりです。
また、同様の情報を本日、以下の産業保安のホームページに掲載しますので併せてお知らせします。

ガス事故の発生状況

事故発生日時

2019年11月25日(月曜日)午後1時45分頃

事故発生場所

北海道

人的被害

軽症2名

物的被害

調査中

事故概要

雑居ビル3階の美容室で従業員2名が軽症を負う一酸化炭素中毒事故が発生しました。原因は、何らかの要因で給湯器給排気筒トップが潰れており、排気ガスが室内に流れ込んだと推察されますが、現在詳細を北海道瓦斯株式会社が調査中です。

供給事業者

ガス小売事業者

ガス種

13A

機器分類

給湯器

参考情報

製造者:タカラベルモント(株)
型式:EX-331F3、FF式
製造年月:2007年6月製

2.注意喚起について

ガス機器の使用中は、必ず換気をしてください。 ガス機器やガス設備は、日頃から点検・お手入れをしてください。 「ガス漏れ」及び「不完全燃焼によって発生した一酸化炭素」を検知できる警報器(ガス・CO警報器)の設置をおすすめします。 その他ご参考として、経済産業省のHPにガス事故防止のためのパンフレット等を掲載しております。是非ご覧ください。
ガスを安全に使用していただくために

担当

産業保安グループ ガス安全室長 月舘
担当者:石津、岡田

電話:03-3501-1511(内線 4931~7)
03-3501-4032(直通)
03-3501-1856(FAX)