1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2019年度12月一覧
  5. 2002年~2006年エネルギー教育用教材として配布した「ウランペレット(核燃料棒)」の模型 について

2002年~2006年エネルギー教育用教材として配布した「ウランペレット(核燃料棒)」の模型 について

2019年12月4日

2019年11月18日、沖縄県で「ウランペレット(核燃料棒)」と記された物体が発見されました。経済産業省では、2002年~2006年に、全国の小中高校に風力発電や燃料電池、燃料見本などの資料を含むエネルギー教育用教材キットを計約1万セット配布しました。その中には「ウランペレット(核燃料棒)」の模型が含まれていましたが、今回発見された物体は、当時配布された模型と同一物であることが確認されました。
2007年以降、本事業は実施していませんが、仮に今後、類似事業の実施を検討する場合は、誤解のない表示のあり方などについてよく考慮し、再発防止に努めます。

1.事実関係

※なお、当時配布された「ウランペレット(核燃料棒)」と記載のある物体は、模型であり、放射性物質は含まれていません。

※本事業は、2007年以降は実施していません。

 (参考)エネルギー教育用教材キットについて

エネルギー教育用教材キット


 

2.今後の対応

担当

資源エネルギー庁調査広報室長 長谷川
担当者:三輪田、松井

電話:03-3501-1511 (内線4474)
03-3501-5964(直通)
03-3501-2305(FAX)