1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度4月一覧
  5. 省エネ法定期報告書(2018年度実績)に基づく省エネ優良事業者を決定しました

省エネ法定期報告書(2018年度実績)に基づく省エネ優良事業者を決定しました

2020年4月3日

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)の特定事業者等における2018年度エネルギー使用状況等に基づく省エネ優良事業者(Sクラス事業者)をホームページで公開しました。

1.制度概要

省エネ法では、事業者全体のエネルギー使用量(原油換算)が合計して1,500kl/年以上である事業者を特定事業者等として指定し、毎年度エネルギーの使用状況等の報告を求めています。

また、特定事業者等は定期報告書に基づき、省エネの結果に応じてS(優良事業者)・A(一般事業者)・B(停滞事業者)へのクラス分けが行われ、Sクラス事業者については資源エネルギー庁のホームページ上で公表されます。

2.結果の公表について

今般2018年度実績報告を取りまとめ、ホームページ上で公表いたしました。2018年度実績では、Sクラスは57%(前年同)、Aクラスは33%(同4.9%増)、Bクラスは11%(同4.8%減)という結果になり、約6割を優良事業者Sクラスが占め、省エネ停滞事業者Bクラスは減少傾向にあります。

3.参考資料

4.関連リンク

担当

資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部
省エネルギー課長 江澤
担当者:伊藤、武元

電話:03-3501-1511(内線 4541~4)
03-3501-9726(直通)
03-3501-8396(FAX)