1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度4月一覧
  5. 知財戦略支援から見えた スタートアップがつまずく14の課題とその対応策を公開しました!

知財戦略支援から見えた スタートアップがつまずく14の課題とその対応策を公開しました!

2020年4月8日

特許庁は、スタートアップの成長を知財で加速させる「知財アクセラレーションプログラム」の成果事例集として「知財戦略支援から見えた スタートアップがつまずく14の課題とその対応策」を公開しました。

1.知財アクセラレーションプログラム(IPAS)

IPASはスタートアップの知財戦略構築を支援するプログラムです。本プログラムでは、支援先企業の技術・アイディアと事業計画から、企業の課題や支援ニーズを抽出し、それに対応した知識、スキルを持つビジネス専門家と知財専門家からなる「知財メンタリングチーム」を組織します。
支援先企業と知財メンタリングチームは、3か月間のメンタリングを通じて事業戦略の診断と、事業戦略に連動した知財戦略の構築を行います。
プログラムがスタートした2018年度からこの2年間で合計25社のスタートアップに支援を行ってきました。

2.知財戦略支援から見えた スタートアップがつまずく14の課題とその対応策(IPAS成果事例集)

本書は、この2年間のIPASでの支援事例をもとに、スタートアップがつまずきやすい14の課題を、「ビジネスモデル・シーズ戦略」、「知財戦略」、「出願戦略」に分けて整理し、それぞれの対応方法について紹介しています。
例えば、「ビジネスモデル・シーズ戦略」の課題として、「AI知財を使ったライセンス事業を始めたいが、有効なライセンススキームを描けない」という事例や、「知財戦略」の課題として、「他企業と共同研究開発を開始したが、自社の知財が相手のものになるリスクを抱えている」といった事例が、それぞれの対応策とともに掲載されています。

事例:AI知財を使ったライセンス事業を始めたいが、有効なライセンススキームを描けない

事例:他企業と共同研究開発を開始したが、自社の知財が相手のものになるリスクを抱えている

3.掲載場所

の画像

本書は、特許庁のスタートアップ向け知財ポータルサイト「IP BASE」外部リンクにて公表しています。

 

4.2020年度のIPASについて

IPASは、2020年度も実施します。スタートアップの公募は4月下旬以降に開始する予定です。最新情報は「IP BASE」外部リンクに掲載しますので、御確認ください。

関連リンク

の画像

スタートアップ向け知財コミュニティポータルサイト「IP BASE」外部リンク

 

担当

特許庁総務部企画調査課長 小松
担当者:菊地、進士

電話:03-3581-1101(内線 2156)
03-3592-2911(直通)
03-3580-5741(FAX)