1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度4月一覧
  5. 第4回インフラメンテナンス大賞の応募期間を延長します

第4回インフラメンテナンス大賞の応募期間を延長します

2020年4月9日

経済産業省は、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、防衛省とともに、「第4回インフラメンテナンス大賞」の募集をしているところですが、新型コロナウイルス感染拡大予防等の状況に鑑み、応募書類作成の期間を確保するために、応募締め切り日を、令和2年4月13日(月曜日)から同年5月29日(金曜日)に延長します。引き続き、皆様からの御応募をお待ちしております。

1.応募概要について

応募期間

令和2年2月14日(金曜日)~令和2年5月29日(金曜日)

応募方法

webフォーム又は郵送にて提出

今後の予定

応募締切後 審査開始
令和2年夏頃 受賞者決定
令和2年秋頃 表彰式

※詳細は「応募要領」(別添1)を御確認ください。

※下記ホームページにて、過去の受賞者の取組概要や第4回公募概要をご覧いただけます。

2.お問い合わせ先

国土交通省 総合政策局公共事業企画調整課 インフラメンテナンス大賞担当
E-Mail:hqt-maintenance-taisho@ml.mlit.go.jpメールリンク

※原則、上記 E-mailにてお問い合わせください。
これにより難い場合は、下記電話又はFAXにてお問い合わせください。
TEL:03-5253-8912
FAX:03-5253-1551

受付期間

令和2年2月14日(金曜日)~令和2年5月29日(金曜日)
(土・日・休日を除く9時30分~17時00分までとします。ただし、12時00分~13時00分は除きます。)

参考

1.インフラメンテナンス大賞について

日本のインフラ事業者等のメンテナンス力の向上と、メンテナンス産業の活性化を図ることを目的として、2016年11月に国交省及び関係5省庁(総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、防衛省)により設立されました。
これまで3回開催しており、インフラのメンテナンスにおける優れた取組や技術開発を行う事業者を表彰し、ベストプラクティスとして広く紹介しています。 

2.経済産業大臣賞の新設について

電力・ガス等のインフラ事業者が設備の老朽化や保安人材の高齢化といった課題に直面する中、当省では、IoT・AI等の最新技術を用いたメンテナンスを行うことで、生産性の向上を図りつつ、保安力を高めていく取組(スマート保安)を推進しているところです。
第4回からは、インフラメンテナンス大賞に電気・ガス設備を対象とする経済産業大臣賞を新設することとし、電力・ガス事業者等のスマート保安に向けた取組の加速及び高度なメンテナンス技術の開発の促進を図ります。

関連資料

担当

産業保安グループ保安課長 田尻
担当者:土居

電話:03-3501-1511(内線4941~4943)
03-3501-8628(直通)
03-3501-2357(FAX)