1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度4月一覧
  5. 地域のデザインプロデューサーを育成する「ふるさとデザインアカデミー」の報告書及び研修テキストを公開しました

地域のデザインプロデューサーを育成する「ふるさとデザインアカデミー」の報告書及び研修テキストを公開しました

2020年4月20日

経済産業省及び中小企業庁は、デザインと経営の両面を踏まえ、製品・サービス・事業・地域等のプロデュースができる地域人材の育成を支援する事業「ふるさとデザインアカデミー ichi」の報告書及び研修テキストを公開しました。

1.趣旨

経済産業省及び中小企業庁は、「令和元年度ローカルデザイナー育成支援に関する委託事業」として、中小企業・小規模事業者の支援者を主な対象とした人材育成支援事業「ふるさとデザインアカデミー ichi」(委託先:株式会社ジェイアール東日本企画)を実施しました。

本事業は、デザインと経営の両面を踏まえ、製品・サービス・事業・地域等のプロデュースができる人材(デザインプロデューサー)を各地域において育成することにより、地域の中小企業・小規模事業者等の「デザイン経営」※1を促進し、ひいては地域経済の活性化を図ることを目的としたものです。

本事業のプログラムは、講義を中心とした「短期集中プログラム」、OJT※2を中心とした「デザインプロデュースプログラム」の2つで構成されています。このうち、「短期集中プログラム」は、デザインプロデュースの基礎知識等を身につける計4日間の講義・ワークショップを全国20か所で実施し、地域のデザイナーをはじめ、自治体職員から高校生まで計600名以上の事業者・支援者が参加しました。また、「デザインプロデュースプログラム」は、「短期集中プログラム」参加者の中から選抜された、多様なプロジェクトに従事する事業者・支援者のチーム61組が参加し、専門家によるコーチングの下、約半年間に渡るOJTに取り組みました。

この度、本事業全体の実施概要や「デザインプロデュースプログラム」の実施結果を掲載した報告書に加え、「短期集中プログラム」において使用した基礎研修テキストを公開しました。地域や地域企業の未来のため、デザインプロデューサーの育成や「デザイン経営」の推進を検討されている全国の行政機関や支援機関、事業者や支援者の皆様による今後の取組の参考にしていただければ幸いです。

※1 「デザイン経営」は、ブランド構築とイノベーションに資するデザインを活用し、企業の競争力を向上させる経営手法。詳細は、関連リンクの産業競争力とデザインを考える研究会 報告書『「デザイン経営」宣言』(2018年5月)参照。
※2 OJT(On the Job Training)は、現場で実務を通して知識やスキルなどを習得させる教育手法。

2.報告書及び研修テキスト

関連リンク

担当