1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度4月一覧
  5. 自治体窓口及び公共施設のキャッシュレス化に取り組むモニター自治体を選定しました

自治体窓口及び公共施設のキャッシュレス化に取り組むモニター自治体を選定しました

2020年4月27日

今年度自治体窓口や公共施設のキャッシュレス化に取り組む「モニター自治体」の募集を行い、29自治体を選定しました。また、キャッシュレス化の具体的な手順を示した「キャッシュレス決済導入手順書(初版)」を公表しました。
今後、モニター自治体におけるキャッシュレス化のプロセスから生じるノウハウや課題を2020年度末までに手順書に反映し、内容を充実させた上で、より多くの自治体がキャッシュレス化を進めやすくなるよう取り組んでいきます。

1.背景

自治体窓口や公共施設のキャッシュレス化を進めることは、住民の方々にとっては、現金を持ち歩かずに支払いができるなど利便性の向上につながるため、キャッシュレス化を望む声が出てきています。

また、自治体にとっても、現金取扱いの時間や手間の削減など業務効率化につながりますが、キャッシュレス化の具体的な手順が分からないという声があります。

2. モニター自治体について

経済産業省は、今年度自治体窓口や公共施設のキャッシュレス化に取り組む「モニター自治体」の募集を行い、29自治体を選定しました。選定されたモニター自治体のこれまでの取組と今年度キャッシュレス化を目指す施設については、下記を参照ください。

また、(一社)キャッシュレス推進協議会(以下「協議会」)において、自治体窓口や公共施設のキャッシュレス化を進める上での具体的な手順を示した「キャッシュレス決済導入手順書(初版)」を策定・公表しました。概要及び本体資料につきましては、下記を参照ください。

今後、モニター自治体におけるキャッシュレス化のプロセスから生じるノウハウや課題を2020年度末までに手順書に反映し、内容を充実させていきます。当該手順書を全国津々浦々の自治体に周知することで、より多くの自治体がキャッシュレス化を進めやすくなるよう取り組んでいきます。

3. 自治体のJPQR対応について

協議会が策定したコード決済の統一規格「JPQR」のうち、「店舗提示型」の全国での本格運用を開始しました。下記自治体において、全国の自治体に先駆けてJPQRを導入していきます。引き続き、こうした取組を含め、自治体窓口や公共施設におけるキャッシュレス化を進めていきます。

自治体名 設置場所 支払用途 決済事業者
長野県高森町 高森町教育委員会事務局 施設利用料 LINE Pay
高森町子育て支援センター
「あったかてらす」
愛知県東郷町  
東郷町役場
収納課 証明書発行手数料
税務課
住民課
群馬県富岡市 富岡市役所 市民課窓口 各種証明書交付手数料等
税務課窓口
富岡製糸場 入場料
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念館 観覧料
妙義中央公民館 各種証明書交付手数料等、施設使用料等

担当

商務・サービスグループ キャッシュレス推進室長 津脇
担当者:小暮、吉川、坂本、高本

電話:03-3501-1511(内線 4120)
03-3501-1252(直通)
03-3501-1293(FAX)

メール:cashlesspayment_localgov@meti.go.jpメールリンク