1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度5月一覧
  5. 消毒方法の有効性評価について、途中経過をお知らせします

消毒方法の有効性評価について、途中経過をお知らせします

2020年5月1日

同時発表:(独)製品評価技術基盤機構

(独)製品評価技術基盤機構で行っている消毒方法の有効性評価について、第2回検討委員会が開催され、新型コロナウイルスを用いた試験を開始することとなりました。

新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、家庭や職場におけるアルコール以外の消毒方法の選択肢を増やすため、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施しています。(4月15日ニュースリリース)

昨日4月30日、有識者による検討委員会(第2回)が開催され、「界面活性剤」、「次亜塩素酸水」、「第4級アンモニウム塩」について、新型コロナウイルスを用いた試験の実施に移るとともに、「過炭酸ナトリウム」が評価対象に加わることとなりました。

なお、インフルエンザウイルスを用いた試験結果、今後の試験の進め方等については、関連リンクにあります独立行政法人製品評価技術基盤機構サイトに、検討委員会資料として公表しておりますので、あわせてご覧ください。

関連リンク

担当