1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度6月一覧
  5. 多核種除去設備等処理水の取扱いに係る書面での意見募集期限を延長します

多核種除去設備等処理水の取扱いに係る書面での意見募集期限を延長します

2020年6月12日

東京電力福島第一原子力発電所の多核種除去設備(ALPS)等で浄化処理した水の取扱いについては、書面での意見募集を行っていますが、より丁寧に御意見を伺う観点から、募集期限を令和2年7月15日(水曜日)まで延長することとしました。

書面での意見提出方法

ALPS処理水の処分方法や時期、必要な風評被害対策等に関する御意見について、電子メール、FAX、または郵送にて御提出ください。

(募集期間)
令和2年4月6日(月曜日)~令和2年7月15日(水曜日)(必着)
※募集期限を6月15日(月曜日)から7月15日(水曜日)まで延長
※郵送の場合、消印有効

なお、意見公募要領等の詳細については、廃炉・汚染水対策ポータルサイト外部リンクを御覧ください。

電子政府の総合窓口(e-Gov)においても募集を行っております。

担当

廃炉・汚染水対策チーム事務局 奥田
担当者:川森、伊藤、北村

電話:03-3501-1511(内線4441)
03-3580-3051(直通)
03-3580-0879(FAX)