動き出すぞ「物流MaaS」!

-トラックデータ連携の仕組み確立に向けて取り組む事業者等を選定-

2020年7月21日

経済産業省では、物流分野における新しいモビリティサービス(物流MaaS)の実現に向けた活動に取り組んでいます。今般公募を実施し、物流MaaS実現に向けた取組を実施する事業者を選定しました。商用車業界が、荷主・運送事業者等のプレーヤーと協力し、物流業界の課題解決に貢献する取組を推進していきます。

1.2020年度における「物流MaaS」の取組について

経済産業省では、慢性的な需要過多・人手不足などの物流業界を取り巻く現状と課題を踏まえ、2019年度において、有識者や商用車メーカー、荷主・運送事業者、ITソリューション事業者等の民間事業者等の参加のもと、物流分野における新しいモビリティサービス(物流MaaS)勉強会を開催し、2020年4月20日、商用車業界としての取組として以下の3つの方向性を取りまとめました。

  1. トラックデータ連携の仕組み確立
  2. 見える化・混載による輸配送効率化
  3. 電動商用車活用・エネルギーマネジメントに係る検証

2020年度は、これらの方向性を踏まえ、商用車業界が、荷主・運送事業者、ITソリューション事業者等の民間事業者と協力し、物流業界の課題解決に貢献する取組を推進します。

2.公募による事業者の選定

経済産業省では、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)に委託し、2020年度「物流MaaS」の取組を実施いただける事業者を、6月5日より募集しました。8事業者から応募があり、外部有識者などによる厳正な審査を経て、以下6事業者を選定しました。

①トラックデータ連携の仕組み確立

②見える化・混載による輸配送効率化

③電動商用車活用・エネルギーマネジメントに係る検証

今後も、経済産業省は、これらの取組を通じて、物流業界の課題解決に貢献していきます。

※1 FMS標準(FMS: Fleet Management System):車両運行管理に必要となるトラックデータの標準仕様。発信するデータ項目について、欧州における必須項目に準拠していく方向性を商用車メーカー4社で確認しており、今後、日本における車両運行管理に必要となるデータ項目の追加や形式等の仕様を検討していく。
※2 API:Application Programming Interface

(参考)物流MaaS勉強会取りまとめ資料

担当