大阪・関西万博日本館の検討を開始します

コンセプト策定に参画する有識者を公表

2020年7月30日

本日、大阪・関西万博日本館のミッションやコンセプトといった基本的な方針(基本構想)を検討する「日本館基本構想ワークショップ」の第1回を開催しました。今後、複数回のワークショップを開催し、今年度中に基本構想を策定します。

1.概要

経済産業省は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)に日本政府館(日本館)を出展します。今年度は、日本館検討のキックオフとして、日本館の基本的な方針(ミッション、コンセプト、建築・展示・情報発信計画等)である「基本構想」の検討・策定を実施します。

基本構想策定に向けた創造的対話を生み出す場として、「日本館基本構想ワークショップ」を設立し、9名の有識者に参画いただきます。

本日、当該ワークショップの第1回目を開催しました。

※第1回ワークショップの議事概要等については後日ホームページに掲載予定です。

2.大阪・関西万博日本館について

日本館は、SDGs+beyond(国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」を踏まえた、2030年より先の未来社会における国際的なビジョン)を体現するようなパビリオンとすべく、日本独自のSDGsに関連した取組を発信するとともに、国連との連携を検討しています。

3. 今後のスケジュール

今後、複数回のワークショップを開催し、今年度中に日本館の基本構想を策定します。

当該基本構想をもとに、次年度以降、建築の基本設計や具体的な展示の検討などを行います。

4.有識者一覧

日本館基本構想ワークショップには、以下の有識者に参画いただきます。

市原 えつこ メディアアーティスト
指出 一正 株式会社sotokoto online 代表取締役/ソトコト編集長
佐藤 オオキ デザインオフィスnendo代表/デザイナー
塩瀬 隆之 京都大学総合博物館 准教授
太刀川 英輔 NOSIGNER 代表/デザインストラテジスト/慶應義塾大学特別招聘准教授
田中 みゆき キュレーター/プロデューサー/東京都渋谷公園通りギャラリー学芸員
平賀 達也 ランドスケープアーキテクト/株式会社ランドスケープ・プラス 代表取締役
平田 晃久 建築家/京都大学教授/平田晃久建築設計事務所
南澤 孝太 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授

※有識者名は五十音順、敬称略 

担当

商務・サービスグループ博覧会推進室長 滝澤
担当者:重力、山崎、中村、水口

電話:03-3501-1511(内線4031)
03-3501-0289(直通)
03-3501-6203(FAX)