1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度9月一覧
  5. ロボットフレンドリーな環境を実現するための研究開発がスタートします

ロボットフレンドリーな環境を実現するための研究開発がスタートします

2020年9月28日

ロボットフレンドリーな環境を実現するための研究開発事業「令和2年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」について、今般、執行団体((一社)日本機械工業連合会)が公募を行った結果、三菱地所㈱、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス㈱、キューピー㈱が採択されました。今後、施設管理、小売、食品製造の各分野において、ロボットフレンドリーな環境の構築に向けた研究開発がスタートします。

1.本事業の概要

施設管理、小売、食品製造等の人手不足が顕著な分野へロボットを導入していく上で、導入コストの低減につながるロボットを導入しやすくする環境(ロボットフレンドリーな環境)の整備が重要です。このため、経済産業省では、昨年秋に、「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」を設置し、こうした環境に必要な要件等の検討・整理を進めているところです。(P2参照)

今般、執行団体である一般社団法人日本機械工業連合会が、上記3分野を対象に研究開発を実施する事業者を募集した結果、以下の3社が採択されました。

  1. 施設管理分野:三菱地所株式会社

  2. 小売分野:ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

  3. 食品製造分野:キユーピー株式会社

2.研究開発の概要

各分野で実施する研究開発の概要は以下のとおりです。

(1)施設管理分野

①採択先:三菱地所株式会社

(委託・請負先等:パナソニック株式会社、株式会社日立ビルシステム)

②概要:

(2)小売分野

①採択先:ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社

(委託・請負先等:ソフトバンク株式会社)

②概要:

(3)食品製造分野

①採択先:キユーピー株式会社

(委託・請負先等:株式会社アールティ、株式会社エクサウィザーズ、株式会社FAプロダクツ、株式会社グルーヴノーツ、TechMagic株式会社、株式会社ファミリーマート、マックスバリュ東海株式会社)

②概要:

(参考)「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」

昨秋、経済産業省では、人手不足が深刻化している、施設管理、小売・飲食、食品製造の3分野について、ロボットのリーディングユーザーを核に、システムインテグレーター等が集い、ロボットフレンドリーな環境構築に向けた検討を行う場として、「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース」(TF) を立ち上げ、今年3月に検討結果を取りまとめました。

TF設立について

TFにおける検討結果について

今年度から、TFを「ロボット革命産業IoTイニシアティブ協議会」(RRI)の下に位置付け、本事業における研究開発の取組とも連携しつつ、ロボットフレンドリーな環境の構築と、その普及のための標準化・規格化等の検討を進めていくこととしています。

なお、今年度から、㈱セブン&アイ・ホールディングス、東芝エレベータ㈱、(一財)日本品質保証機構、㈱日立ビルシステム、㈱Preferred Networks、三菱電機㈱(五十音順)がTFのメンバーとして新たに参画しています。

担当

製造産業局ロボット政策室長 石井
担当者:福澤、森田

電話:03-3501-1512(内線70286)
03-3501-1049(直通)
03-3580-6394(FAX)