1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度11月一覧
  5. 建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました

建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されました

2020年11月2日

イノベーションの促進とブランド構築に資する優れた意匠を保護可能とすべく意匠法が抜本的に改正され、令和2年4月1日から、建築物、内装、画像の意匠が新たに保護対象となりました。この度、建築物、内装の意匠が初めて意匠登録されましたので、お知らせします。

※以下の各登録意匠の図面は一部を抜粋したものです。

1. 背景

昨今、企業が店舗の外観や内装に特徴的な工夫を凝らしてブランド価値を創出し、サービスの提供や製品の販売を行う事例が増えています。また、近年、オフィス家具・関連機器を扱う企業が、自社の製品を用いつつ、特徴的なオフィスデザインを設計し、顧客に提供する事例も生じています。
そこで、令和元年、意匠法が抜本的に改正され、令和2年4月から、建築物の外観デザインが意匠権で保護できるようになりました。また、机やいす等の複数の物品等の組み合せや配置、壁や床等の装飾により構成される内装デザインも、全体として統一的な美感を起こさせるようなときは、一つの意匠として意匠権で保護することができるようになりました。

2.国内で初めて登録された建築物、内装の意匠

この度、国内で初めて以下の建築物、内装の意匠が意匠登録されました。

(1)建築物の意匠

①意匠登録第1671773号「商業用建築物」(株式会社ファーストリテイリング)

※新規性喪失の例外規定の適用申請あり

②意匠登録第1671774号「駅舎」(東日本旅客鉄道株式会社)

※新規性喪失の例外規定の適用申請あり

(2)内装の意匠

①意匠登録第1671152号「書店の内装」(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)

※新規性喪失の例外規定の適用申請あり

②意匠登録第1671153号「回転寿司店の内装」(くら寿司株式会社)

※新規性喪失の例外規定の適用申請あり

3.参考情報

令和元年改正意匠法の詳細については以下のページで御紹介していますので、こちらも御確認ください。
「令和元年意匠法改正特設サイト」外部リンク

4.今後の予定

画像の意匠についても、今後、意匠登録されましたら、お知らせいたします。

担当

特許庁 審査第一部意匠課長 下村
担当者:吉田

電話:03-3581-1101(内線 2907)
03-3580-6920(直通)
03-5570-1588(FAX)