1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度11月一覧
  5. 地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が署名されました

地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が署名されました

2020年11月15日

梶山経済産業大臣は、11月15日にテレビ会議形式にて開催された第4回RCEP首脳会議及び協定署名式に出席し、RCEP協定に署名しました。

本日、ASEAN10か国(ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)、日本、中国、韓国、豪州及びニュージーランドの計15カ国による、RCEP首脳会議及び協定署名式が開催され、我が国からは、菅総理大臣とともに梶山経済産業大臣が出席しました。

首脳会議では、2012年11月の交渉立ち上げ以降、8年に及んだ交渉の完了が確認・歓迎され、梶山大臣がRCEP協定に署名しました。

また、本会議において、「RCEPに係る共同首脳声明」及び、「インドのRCEP参加に係る閣僚宣言」が発出されました。閣僚宣言においては、地域において重要な役割を果たすインドに対して、RCEPが引き続き開かれていることを具体化・明確化しました。

RCEP協定は、署名国15カ国で、世界のGDP、貿易総額及び人口の約3割、我が国の貿易総額のうち約5割を占める広域な経済連携協定です。RCEPにより、地域の貿易・投資の促進及びサプライチェーンの効率化に向けて、市場アクセスが改善され、発展段階や制度の異なる多様な国々の間で知的財産、電子商取引等の幅広い分野のルールの構築が期待されます。

(※)茂木外務大臣との連署

関連資料

関連リンク

担当

通商政策局 経済連携課長 福永
経済連携交渉官 田村
担当者:戸矢、柴

電話:03-3501-1511(内線 2981~2984)
03-3501-1595(直通)
03-3501-1592(FAX)