1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2020年度11月一覧
  5. 梶山経済産業大臣と江島経済産業副大臣がAPEC閣僚会議(テレビ会議)に参加しました

梶山経済産業大臣と江島経済産業副大臣がAPEC閣僚会議(テレビ会議)に参加しました

2020年11月17日

11月16日(月曜日)、APEC閣僚会議がテレビ会議形式で開催され、当省から梶山経済産業大臣及び江島経済産業副大臣が参加しました。2040年に向けてAPEC地域が目指す方向性を定める新たなビジョン、新型コロナウイルス感染症への影響への対応、収束後の地域経済回復を見据えた国際協調について議論を行い、声明を採択しました。

概要

マレーシアのアズミン・アリ国際貿易・産業大臣の議長のもと、APEC閣僚会議がテレビ会議にて開催されました。経済産業省からは梶山経済産業大臣と江島経済産業副大臣が参加しました(外務省からは茂木外務大臣と鷲尾外務副大臣が参加)。

会議では、「貿易・投資の説明方法の改善」、「包摂性、デジタル経済、革新的な持続可能性」のテーマを中心に、新型コロナウイルス感染症への影響への対応、収束後の地域経済回復を見据えた国際協調とともに、2040年に向けてAPEC地域が目指す方向性を定める新たなビジョンについて議論を行い、議論の結果として、閣僚共同声明を採択しました。

※新たなビジョンとは、「ボゴール目標」の次期の目標(ビジョン)に該当。名称は未定。「ボゴール目標」はAPECが1994年に合意した「2020年までに自由で開かれた貿易投資を達成する」という目標。

今回採択された閣僚共同声明の主な内容は、以下のとおりです。

新型コロナウイルス

新たなビジョン

貿易・投資

デジタル経済・技術

経済・技術協力

関連資料

担当

通商政策局アジア太平洋地域協力推進室長 新倉
担当:武田、中西

電話:03-3501-1511(内線2971~74)
03-3501-1990(直通)
03-3580-8746(FAX)