「つながる特許庁 in 福島」申込受付中!

2022年1月7日

同時発表:東北経済産業局

特許庁が全国6都市で開催する「つながる特許庁」の第6回は、令和4年2月9日(水曜日)に、福島県郡山市において開催します。「農業×工業×知財」をテーマとして、知財をいかした農業分野のDXやオープンイノベーションへの取組を紹介します。また、福島県におけるアグリテックの未来と知財についてパネルディスカッションを行うほか、知財のオープンクローズ戦略に関するセミナーを行います。

1.「つながる特許庁」とは

特許庁が、日本各地を訪問し地域の皆様と直接つながることにより知財を身近に感じていただき、また、地域と全国をつなげることで各地の知財の取組を全国へ発信するイベントです。
現地でのイベントの様子を全国にもオンラインで配信しますので、開催地域以外の方も是非御視聴ください。なお、イベント終了後は期間限定でアーカイブ配信をします。

また現地では、知財や経営に関するお悩みにお答えする「相談コーナー」も設置します。

※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントはオンラインのみの開催になる場合もございます。最新情報については特設ホームページを必ず御確認ください。

2.「つながる特許庁 in 福島」のご案内

「つながる特許庁」第6回は、福島県郡山市で開催します。
メインセッションでは、画像解析による野菜等の「おいしさの見える化」技術を構築したマクタアメニティ株式会社の幕田武広氏をお招きし、知財を活用した事業展開や農業分野のDX、オープンイノベーションによる大企業との協業等について御紹介いただきます。
サブセッションでは、スマート農業の取組を実践する県内の企業と知財専門家に登壇いただき、福島県におけるアグリテックの未来と知財についてパネルディスカッション形式で議論していただきます。また、知財のオープンクローズ戦略の重要性や知財・標準のそれぞれのメリット、デメリットを知財専門家から御講演いただきます。
当日現地では、知財や経営に関するお悩みについて、特許庁職員やINPIT知財総合支援窓口、よろず支援拠点、日本規格協会の支援担当者等がお答えする「相談コーナー」を設置します。また、特許庁による知財支援施策等を紹介するパネル展示を行います。
大阪府から始まった「つながる特許庁」は、福島県での開催をもって最終回を迎えます。最後となりますので是非御参加ください。

つながる特許庁 in 福島

開催日:令和4年2月9日(水曜日)13時00分から16時40分
開催場所:ビッグパレットふくしま

(福島県郡山市南二丁目52番地)

開催プログラム(予定)

主催者挨拶
13時00分から13時05分
特許技監 岩崎 晋
来賓挨拶
13時05分から13時15分
福島県副知事 井出 孝利氏
郡山市長 品川 萬里氏
メインセッション
13時15分から14時15分
知財を活かした農業DXとオープンイノベーション戦略
~一件の特許からの再出発~

マクタアメニティ株式会社 代表取締役 幕田 武広氏
14時15分から14時25分 休憩
サブセッション1
14時25分から15時25分
ふくしま発アグリテックの未来と知的財産
和田農園 代表 和田 晃司氏
株式会社エムケー技研 代表取締役 諸根 理仁氏
株式会社benefic 営業部 渡辺 潤氏
特許業務法人創成国際特許事務所 副所長 仙台事務所所長 福島事務所所長 酒井 俊之氏(モデレーター)
15時25分から15時40分 休憩
サブセッション2
15時40分から16時40分
規格や基準を意識した、新しい知財の活かし方
特許業務法人創成国際特許事務所 副所長 仙台事務所所長 福島事務所所長 酒井 俊之氏

3.新型コロナウイルス感染症対策

本イベントの開催に当たっては、現地会場へお越しの皆様の安全に配慮し、政府、自治体及び会場の指針等に沿って、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用やアルコール消毒、検温、ソーシャルディスタンスの確保等の対策を実施します。御来場の皆様におかれましては、何とぞ御理解・御協力の程、よろしくお願いいたします。

関連資料

関連リンク

担当

特許庁 総務部 普及支援課長 石井
担当者:桾澤(ぐみさわ)、佐藤、戸田

電話:03-3581-1101(内線 2107)
03-3501-5878(直通)
03-3588-0281(FAX)