1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度3月一覧
  5. 「AI×商標:イメージサーチコンペティション」の入賞モデルを決定しました

「AI×商標:イメージサーチコンペティション」の入賞モデルを決定しました

2022年3月14日

特許庁は、類似図形商標を予測するモデルの精度を競う「AI×商標:イメージサーチコンペティション」の入賞モデルを決定しました。
入賞モデルは、特許庁が試験導入している、審査支援AIツールに搭載予定です。機械学習コンペティションの開催及びその入賞モデルの審査ツールへの搭載は、特許庁初の取組です。

1.AI×商標:イメージサーチコンペティションの概要

特許庁は、試験導入している、AI技術を利用した先行図形商標検索システム(イメージサーチツール)の検索精度向上のため、近年注目されている機械学習コンペティションを昨年末から開催しており、多数の参加者及び投稿件数を得て終了しました。
上位入賞者の予測モデルは、特許庁のイメージサーチツールに搭載し、同ツールの精度向上に役立てます。
同取組により、優れた技術やアイデアを有するAI人材を新たに発掘し、政府のシステム開発に参画する機会を創出するとともに、効率的なシステム開発手法の検証及びイノベーションの促進が期待されます。

(1)開催期間

コンペティション開始:2021年11月26日(金曜日)
コンペティション終了:2022年1月31日(月曜日)

(2)参加者数・投稿件数

参加者: 637名
投稿件数: 1,453件

(3)主催

特許庁

(4)実施事業者

Nishika株式会社外部リンク

2.入賞者

第1位

ヤフー株式会社
チーム名:tmsbir(土井賢治氏、岩崎雅二郎氏、西村修平氏)

第2位

穴井 晃太氏(所属:トヨタテクニカルディベロップメント株式会社)

第3位

NRIデジタル株式会社
チーム名:チームTDX(奥山陽平氏、菅貴博氏、楊梦龍氏、藤田一樹氏、佐々木理人氏、有馬大智氏、碓井秀幸氏)

3.本コンペティションの成果

(1)検索精度の向上

入賞モデルは、特許庁が提示した課題に対して約7割の精度で正解画像を検索しています。当該モデルをイメージサーチツールに搭載することで、従前のツールの倍以上の検索精度向上が期待できます。


コンペティションのベストスコアの推移(出典:Nishika株式会社)
(コンペティション開催中の暫定第1位のスコアの推移を示したグラフです。
第1位のスコアは、最終的に約7割の検索精度まで達成しました。)

(2)機械学習コンペティションの有効性確認

このコンペティション開催により、AI人材の優れた技術やアイデアを外部から募集する機械学習コンペティションが、審査支援ツールのAIモデル検討において有効であることが確認されました。

4.今後の予定

2022年3月18日(金曜日)に、YouTubeにおいて表彰式のライブ配信を行います。
表彰式URLはこちら外部リンク
入賞者の予測モデルは、試験導入しているイメージサーチツールに搭載し、商標審査において活用することで、審査の品質向上を図ります。

関連リンク

担当

特許庁 審査業務部 商標課長 髙野
担当者:綿貫、榊
電話:03-3581-1101(内線 2855)
03-3580-6864(直通)
03-3588-8503(FAX)