1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度7月一覧
  5. 北海道遠別町西方沖合において掘削調査を開始しました

北海道遠別町西方沖合において掘削調査を開始しました

2021年7月5日

経済産業省資源エネルギー庁の補助事業(令和1~3年度国内石油天然ガスに係る地質調査事業費補助金)の交付先である三井石油開発株式会社が、北海道遠別町西方沖合において、石油・天然ガスの存在の確認を目的とした掘削調査(試錐)を7月4日より開始しました。

1.事業概要

補助事業名

国内石油天然ガスに係る地質調査事業費補助金

試掘場所

北海道遠別町西方沖合約30kmの海底下に位置する地下構造

試掘時期

令和3年7月4日~9月中旬(予定)

補助先・補助事業実施者

三井石油開発株式会社

※掘削場所の地図、掘削の方法については別添も御参照ください。

本調査は、これまでの基礎物理探査等の結果を踏まえて発見された有望な構造において、三井石油開発株式会社が、国内石油天然ガスに係る地質調査事業費補助金を活用し、石油・天然ガスの存在を確認するために行われる掘削調査(試錐)で、この構造において掘削調査を実施するのは初めてとなります。

本調査の結果、商業規模の石油・天然ガスの生産が実現されれば、最も供給が安定した国内資源として我が国のエネルギーセキュリティー向上に貢献することが期待されます。

※国内石油天然ガスに係る地質調査事業費補助金について
本補助事業は、日本周辺海域において、基礎物理探査等の結果から一定の資源量の賦存が期待される石油・天然ガスを対象に、国内事業者が石油・天然ガスの賦存や具体的な地質構造を確認するために実施する掘削調査(試錐)事業に要する経費を補助する事業です。国内における探鉱・開発活動の推進を図り、国内の石油・天然ガス生産の維持・拡大及び石油・天然ガスの安定供給に貢献することを目的としています。

2.今後の予定

令和3年度内に、得られたデータの詳細な解析・評価作業を実施し、掘削地点周辺における石油・天然ガスの存在状況の確認を行います。その後、今回の掘削調査の結果を基に、補助事業実施者が、地質層序の解析、石油・ガスシステムの評価を経て、埋蔵量を評価し、商業生産の可能性について検討を行う予定です。

関連資料

担当

資源エネルギー庁資源・燃料部
石油・天然ガス課長 早田
担当者:山田、間瀬

電話:03-3501-1511(内線 4641~4646)
03-3501-1817(直通)
03-3501-8563(FAX)