2020年ドバイ国際博覧会が開幕

日本館では開館式を実施しました

2021年10月1日

本日、2020年ドバイ国際博覧会がついに開幕し、日本館では開館式を実施しました。開館に合わせて「バーチャル日本館」として二つの特設ウェブサイトも開設しています。また、公式アカウントも新たに開設し、現地からの情報を発信します。

1.開幕について

中東及びアフリカ地域では初の登録博覧会として開催される「2020 年ドバイ国際博覧会」(以下、「ドバイ万博」という)が本日10月1日(金曜日)に開幕し、会場内にある日本館では開館式を開催しました。
開館式では、幹事省を代表し経済産業省 2025年国際博覧会 統括調整官 井上 学が挨拶するとともに、2020年ドバイ国際博覧会陳列区域日本政府代表 中村 富安が開館宣言を行いました。
ドバイ万博は、2021年10月1日(金曜日)から2022年3月31日(木曜日)までの182日間開催されます。日本館は、「Where ideas meet アイディアの出会い」をテーマに、未来に向け、地球的な視野で「アイディアの出会い」を生む結節点となり、それらを融合させることで、より良い世界へ向けたアクションを生み出していく事を目的としています。

2.「バーチャル日本館」の開設について

日本館は、新型コロナウイルス感染症の感染状況を踏まえ、会場のみならず世界のどこからでも日本館のことを知り、参加できる万博パビリオンの新しい体験スタイルを提供するべく、デジタル体験「バーチャル日本館」として二つの特設ウェブサイトを本日より開設しました。2つのサイトのうち“課題”や“アイディア”をメッセージとして共有できるオンライン・プラットフォーム「循環」は、2025年日本国際博覧会との共同プロジェクトとして構築しました。

3.ソーシャルメディア公式アカウントの開設について

いよいよ開館を迎えたドバイ万博日本館ではInstagramとFacebookの 公式アカウントも新たに開設し、現地からの情報発信も予定しています。ぜひ御覧ください。

4.日本館レストランのメニュー決定について

日本館レストランとして、中東に初出店する回転すし「スシロー」の「スシロードバイ万博店」はムスリムの人々が安心して食事を楽しむことができるよう、すべてハラル食材を使用したメニュー約120点を提供します。日本のクオリティーを追求した日本国内でも人気のメニュー「まぐろ」や「えびアボカド」に加えて、ドバイ万博オリジナルメニュー「まぐろアボカドロール」や、鶏白湯塩ラーメンなどを提供します。

上記、その他施策の詳細については別紙PDFファイルを御参照ください。

  (参考)ドバイ万博日本館について

出展テーマ

アイディアの出会い

幹事省

経済産業省

副幹事省

総務省、文部科学省、農林水産省、国土交通省

参加機関

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)

敷地面積

約5,161.8㎡

会期

2021年10月1日から2022年3月31日

日本館公式ウェブサイトはこちら外部リンク

ドバイ万博日本館リーフレット

 

関連リンク

担当

商務・サービスグループ 博覧会推進室
国際博覧会上席企画調整官 菅野
担当者: 山崎、昜本

電話:03-3501-1511(内線4031~3)
03-3501-0289(直通)
03-3501-6203(FAX)