1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度10月一覧
  5. 広瀬経済産業審議官が2021年OECD閣僚理事会及びWTO非公式閣僚会合に参加しました

広瀬経済産業審議官が2021年OECD閣僚理事会及びWTO非公式閣僚会合に参加しました

2021年10月14日

10月5日及び6日にOECD閣僚理事会(Meeting of the Council at Ministerial Level:MCM)、10月5日にWTO非公式閣僚会合がパリで開催され、経済産業省から、広瀬経済産業審議官が参加しました。

1.OECD閣僚理事会(Meeting of the Council at Ministerial Level:MCM)について

議題4 グリーンな未来の構築 ネット・ゼロに向けて

本議題の分科会「ネット・ゼロに向けたイノベーションと包摂的な道程」(議長:米国ケリー気候変動大統領特使)において、広瀬経済産業審議官からは、カーボンニュートラルの実現には、エネルギー・産業部門の構造転換を大きく加速させ、民間企業の大胆な投資によるイノベーションの創出が不可欠。このため、今ある技術にのみ限定することなく、将来的なイノベーションを含む動的アプローチをとることが重要である旨指摘し、そうしたトランジションを進めるための考え方に基づいたトランジションファイナンスの取組を紹介しました。

議題5 全ての人のための貿易の促進

本議題(議長:米国タイ通商代表)において、広瀬経済産業審議官からは、責任ある企業行動の推進がグローバルサプライチェーンから強制労働や児童労働を根絶する上で鍵となる中、企業が積極的に取り組めるような環境を整え、企業の予見可能性や透明性を確保することが政府の役割である旨発言しました。さらに、公平な競争条件(LPF)について、OECDは鉄鋼や半導体など国際的な議論の土台を提供しているが、市場歪曲的な政府支援の実態を更に明らかにするよう調査が行われることを期待すると発信しました。
 

2.WTO非公式閣僚会合について

関連資料

担当