1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度10月一覧
  5. 審査官とのコミュニケーションに高い関心が寄せられました

審査官とのコミュニケーションに高い関心が寄せられました

-令和3年度審査の質についてのユーザー評価調査報告書を公表します-

2021年10月20日

特許庁は、ユーザーの声を把握し、品質管理施策に反映させるため、審査の質についてのユーザー評価調査を実施しています。
「審査官とのコミュニケーション」に関する意見が多く寄せられ、ユーザーの関心が高いことがうかがえました。
特許庁は、ユーザーとのコミュニケーションを充実させるべく、テレワーク中の審査官がユーザーに電話連絡する手段の整備等を行いました。ユーザーとのコミュニケーションも含め、引き続き、審査の質の維持・向上に努めてまいります。

1.本調査の背景

国際的に信頼される質の高い審査及び適切な権利の設定が、企業の円滑かつグローバルな事業展開を支援し、イノベーションの促進や健全な取引秩序の維持を図る上で重要です。特許庁は、審査に対するユーザーの声を適切に把握し、品質管理施策に反映させるため、審査の質についてのユーザー評価調査を実施しています。

2.調査手法

令和2年度の「審査全般の質」について「満足」、「比較的満足」、「普通」、「比較的不満」、「不満」の5段階評価で回答いただきました。調査は令和3年5月から6月に実施し、回答率は8割を超えました。回答者数は以下のとおりです。

特許

640者 (調査対象737者中)

意匠

313者 (調査対象350者中)

商標

371者 (調査対象420者中)

3.調査結果の概要と今後の対応

「審査官とのコミュニケーション」に関する意見が多く寄せられました。これに関連して、特許庁は、令和3年4月に、テレワーク中の審査官がユーザーに電話連絡する手段の整備、公開案件についてオンライン面接で利用可能なWeb会議サービスの拡充をそれぞれ行いました。

(1) 特許

国内出願における特許審査全般の質に対する「普通」以上の評価の割合は95.1%(前年度比2.2ポイント減)、上位評価割合は63.0%(前年度比1.3ポイント減)(図1参照)。

PCT出願における国際調査等全般の質に対する「普通」以上の評価の割合は97.4%(前年度比0.2ポイント増)、上位評価割合は62.7%(前年度比3.5ポイント増)(図2参照)。

分析の結果、「判断の均質性」、「第29条第2項(進歩性)の判断の均質性」、「国際調査等における判断の均質性」を優先的に取り組むべき項目と設定しました。今後も、審査官間の協議等を通じて、審査官相互の知識の共有、審査官間の判断の均質性の向上に努めてまいります。

(2) 意匠

意匠審査全般の質に対する「普通」以上の評価の割合は94.2%(前年度比2.3ポイント減)、上位評価割合は67.7%(前年度比3.3ポイント増)(図3参照)。また、重点的に取り組んできた「拒絶理由通知等の記載」では肯定的な評価が66.9%(前年度比7.2ポイント増)。

分析の結果、「判断の均質性」、「専門知識レベル」を、特に注力すべき項目としました。今後も、案件協議等を通じた審査官間の判断の均質性の向上と、オンライン展示会への参加等による専門知識レベルの向上に努めてまいります。

(3) 商標

商標審査全般の質に対する「普通」以上の評価の割合は91.7%(前年度比0.4ポイント増)、上位評価割合は49.9%(前年度比2.2ポイント増)(図4参照)。

分析の結果、「識別性の判断」、「審査官間の均質性」、「審判決との均質性」を優先的に取り組むべき項目と設定しました。今後も、商標審査基準等の審査の基本方針に従って適切な審査を行うとともに、業界団体や企業との意見交換、審査官間の協議等を引き続き実施し、審査の質の向上に努めてまいります。

4.調査結果の詳細

調査結果の詳細については、報告書を参照してください。

関連リンク

担当