1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度11月一覧
  5. 萩生田経済産業大臣がIAEA主催の東電福島第一原発事故10年に当たっての国際会議に参加しました

萩生田経済産業大臣がIAEA主催の東電福島第一原発事故10年に当たっての国際会議に参加しました

2021年11月15日

11月8日から12日まで、国際原子力機関(IAEA)は、東電福島第一原発事故後10年の機会を捉え、原子力安全の一層の強化に向けた国際会議をウィーンにおいてハイブリッド形式で開催しました。ALPS処理水の安全性に関する特別セッションにおいて萩生田経済産業大臣がビデオメッセージを通じて挨拶を行いました。

今回の会議は、東電福島第一原発事故後10年の間に、各国、国際機関がとった行動の教訓・経験を振り返り、今後の原子力安全の更なる強化に向けた道筋を確認することを目的としてIAEAの主催で行われました。我が国をはじめ各国から、規制当局を含む政府関係者、電力事業者、原子力専門家、有識者などが参加しました。
 
グロッシーIAEA事務局長・引原在ウィーン代表部大使の開会挨拶に続いて、各国専門家によるテーマ別のパネルディスカッションが行われました。
 
11月10日のALPS処理水の安全性に関する特別セッションにおいて、萩生田経済産業大臣はビデオメッセージの中で、事故の教訓や経験を世界の原子力安全の専門家に共有し、今後の原子力安全の強化に活かしていくことは、我が国の責務でもあること、ALPS処理水の処分にあたっては基本方針を踏まえて、高い透明性を持って対応していく旨を述べました。また、IAEAからALPS処理水の安全性についてレビューを受け、その結果を幅広く発信していく旨述べました。

関連資料

関連リンク

担当

資源エネルギー庁
原子力発電所事故収束対応室長 福田
担当者:田辺、安良岡

電話:03-3501-1511(内線4441)
03-3580-3051(直通)
03-3580-0879(FAX)