日米通商協力枠組みを立ち上げました

2021年11月17日

11月17日(水曜日)、経済産業省、外務省、米国通商代表部(USTR)は、「日米通商協力枠組み(the Japan - U.S. Partnership on Trade)」を立ち上げました。

11月17日(水曜日)、萩生田経済産業大臣とタイ米国通商代表は東京で会談を行い、通商分野における日米共通のグローバル・アジェンダやインド太平洋地域における協力及び日米二国間の通商協力等に関する議論を行う、「日米通商協力枠組み」の立ち上げを歓迎しました。

本枠組みの出席者については、日本側は当省通商政策局長及び外務省経済局長、米国側は通商代表部通商代表補が参加します。

本枠組みを通じて、通商分野における日米間の協力をより一層深化させていきます。

担当

通商政策局米州課長 畑田
担当者: 國澤

電話:03-3501-1094(直通)
03-3501-5871(FAX)