1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度12月一覧
  5. 安全安心な小型空撮ドローンの基盤技術を開発、製品化へ

安全安心な小型空撮ドローンの基盤技術を開発、製品化へ

2021年12月7日

本日12月7日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「安全安心なドローン基盤技術開発」プロジェクトにおける研究開発成果をもとに、株式会社ACSLが小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を製品化することを発表しました。今後、官民での様々な社会課題解決に向けた安全安心なドローンの一層の利活用促進が期待されます。

1.背景

近年、災害時における被災状況の調査や、老朽化するインフラの点検、警備など、公共部門をはじめとする様々な分野でドローンの利活用ニーズが拡大していることに伴い、飛行データや撮影画像データに関する強固なセキュリティを有するドローンが求められています。

こうした背景から、2020年度より、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)において「安全安心なドローン基盤技術開発」*1プロジェクトが実施され、今般、本プロジェクトにおける研究開発成果をもとに、株式会社ACSLが小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」を製品化し、本日12月7日に製品発表会を開催いたします。

2.成果の概要

今回製品化される小型空撮ドローンSOTEN(蒼天)は、ユーザーからのニーズを踏まえて研究開発を重ね、以下の優れた特長を有する機体として開発されました。

  1. ISO 15408*2に基づくセキュリティ対策によるデータの漏洩や抜き取りの防止性能、機体の乗っ取りへの耐性
  2. 小型・軽量(展開時の寸法約637 mm×560 mm、重量1.7 kg)の機体で、プロペラアームの収納、カメラのワンタッチ交換などの高い携帯性
  3. 高い操縦性・飛行性能を実現し、業界標準の機体制御プロトコルMAVLink*3に対応した拡張性のあるフライトコントローラ
  4. 撮影画素数20Mピクセルの4Kカメラと、赤外線やマルチスペクトルカメラ、ズームカメラ
  5. 準天頂衛星システム「みちびき」のサブメータ級測位補強サービス(SLAS)を活用した高精度な位置情報の取得

図1 SOTEN機体本体(写真左)、収納時の機体(真ん中)、送信機(写真右)
(株式会社ACSL 提供)

3.期待される効果

今回製品化される小型空撮ドローン「SOTEN(蒼天)」が市場へ投入されることにより、災害時における被災状況の調査や老朽化するインフラの点検などの公共部門におけるニーズに加え、企業における重要インフラの点検等の用途においても、「安全安心なドローン」の一層の利活用促進が期待されます。

経済産業省では、引き続きドローンに関連する事業者や業界団体、関係省庁といったステークホルダーと連携し、調査・物流・点検・測量等の様々な分野における安全安心なドローンの産業利用推進を支援し、その普及促進を進めていきます。

*1 経済産業省2019年度補正予算「安全安心なドローン基盤技術開発事業費」によるプロジェクト。
*2 国際標準化機構(ISO)により発行されているコンピュータセキュリティのための国際規格。
*3 Micro Air Vehicle Linkの略で、ドローンと地上ステーションの間で通信用データの送信と受信に関わるプロトコル。

関連リンク

担当

製造産業局産業機械課
次世代空モビリティ政策室長 宇田
担当者: 伊藤、三浦

電話:03-3501-1511(内線 3621)
03-3501-1698(直通)
03-3580-6394(FAX)