1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2021年度12月一覧
  5. 令和3年度「パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」の特許庁長官賞を決定しました

令和3年度「パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」の特許庁長官賞を決定しました

2021年12月17日

令和3年度「パテントコンテスト・デザインパテントコンテスト」の特許庁長官賞は「輪ゴム銃」に決定しました。
沼津工業高等専門学校の学生である本作品の発明者は、複数の射撃形態を備えた「輪ゴム銃」の発明で令和元年度のコンテストの優秀賞を獲得し、特許権を取得しました。そして当該特許権に基づく「輪ゴム銃」を商品化し販売を行っています。

1.パテントコンテスト・デザインパテントコンテストの概要

特許庁は、文部科学省、日本弁理士会及び(独)工業所有権情報・研修館と共に、生徒・学生の知的財産に対する意識と制度に対する理解の向上を目的として、パテントコンテスト・デザインパテントコンテストを開催しています。本コンテストでは、全国から応募された高校生、高等専門学校生や大学生等が創造した発明・デザインの中から、特に優れたものを選考・表彰しています。

2.令和3年度の特許庁長官賞

特許庁は、過年度のコンテストにおいて入賞し、出願支援を受けて権利設定された特許権・意匠権を活用して事業化がなされた事例の中から、特に優秀なものを表彰する賞として、「特許庁長官賞」を設けています。今年度の特許庁長官賞の受賞者等に関する概要は、以下の通りです。

受賞者等

発明の名称

輪ゴム銃

特許権

特許第6894029号(令和元年度パテントコンテストにて入賞)

受賞者

鈴木 涼太

事業化に向けた取組等

沼津工業高等専門学校の学生である鈴木さんは、輪ゴムを連続で発射できる射撃形態と、輪ゴムを単発で発射する射撃形態の2つの形態を備えた「輪ゴム銃」を開発した後、令和元年度のコンテストにおいて優秀賞を獲得し、出願支援を受けて令和3年6月に特許権を取得しました。

鈴木さんは、本発明を考案する以前から輪ゴム銃を製作し、四度にわたる改善を行ってきました。本発明ではさらなる改善を行い、これまでにない変形機能を有する高性能輪ゴム銃である「Shortbread VI」を開発しました。

鈴木さんは平成29年度より、輪ゴム銃を高専祭で販売するとともに、「子供達が高性能な輪ゴム銃のキット製作を通じて、ものづくりの楽しさを知ってほしい」との思いのもと、子供達へのキットの組み立て方の指導等の活動を行ってきました。

特許庁長官賞受賞発明である輪ゴム銃は、今年10月末に開催された高専祭で販売したところ完売しました。また、当該輪ゴム銃は鈴木さんが開設したインターネットの販売サイト外部リンクにおいて販売を行っており 、インターネットでの販売実績もあるものです。

輪ゴム銃キット画像  輪ゴム銃完成品画像

3.その他の賞

パテントコンテスト・デザインパテントコンテストでは、特許庁長官賞のほか、令和3年度の優秀賞(出願支援対象)として、特許30 件、デザイン30件を選出しました。特許権又は意匠権の取得までの手続を実体験していただくため、優秀賞の受賞者に対して、以下の特典を設けています。

特典

表彰された発明・デザインについて、その考案者である生徒・学生は、出願から権利取得までの過程において、以下の支援を受けることができます。

  1. 弁理士による無料アドバイス
  2. 特許出願料/意匠登録出願料、特許審査請求料、特許料・意匠登録料(第1~3 年分)の提供

また、上記優秀賞の中から、特許6件、デザイン6件が特別賞に選ばれました。
詳しい選考結果については、受賞者一覧PDFファイルを御参照ください。

4.表彰式の日程

日程

令和4年3月14日(月曜日)

開催方法

オンライン開催

関連資料

担当

特許庁総務部企画調査課知的財産活用企画調整官 沖田 
担当者:八木、小林

電話:03-3581-1101(内線 2165)
03-3592-2911(直通)
03-3580-5741(FAX)