1. ホーム
  2. ニュースリリース
  3. ニュースリリースアーカイブ
  4. 2022年度12月一覧
  5. 物流パートナーシップ優良事業者表彰受賞者を決定しました

物流パートナーシップ優良事業者表彰受賞者を決定しました

~持続可能な物流体系の構築に顕著な功績があった取組を表彰~

2022年12月8日

同時発表:国土交通省

経済産業省及び国土交通省は、物流分野における環境負荷の低減や物流の生産性向上等により、持続可能な物流体系の構築に顕著な功績があった事業者に対し、「物流パートナーシップ優良事業者表彰」を実施しています。
今年度は経済産業省に応募のあった取組の中から、経済産業大臣表彰1件、物流DX・標準化表彰1件、物流構造改革表彰1件、強靱・持続可能表彰1件、グリーン物流パートナーシップ会議特別賞1件の表彰を決定しました。
表彰式は、12月22日(木曜日)に砂防会館別館にて開催します。

1.物流パートナーシップ優良事業者表彰の概要

物流分野における環境負荷の低減、物流の生産性向上等持続可能な物流体系の構築に向けた荷主企業・物流事業者が連携した取組を普及促進するため、平成18年度より特に顕著な功績があった事業者に対して表彰を行っています。
現在の物流を取り巻く環境の大きな変化を踏まえ、物流が直面する課題の解決に資する取組を幅広く評価するために、今年度より名称を「物流パートナーシップ優良事業者表彰」へ改めました。
また、総合物流施策大綱(2021年度~2025年度)の3つの柱である「物流DXや標準化の推進によるサプライチェーン全体の徹底した最適化」、「労働力不足対策の推進と物流構造改革の推進」、「強靭で持続可能な物流ネットワークの構築」に即した部門賞を創設しました。

2.令和4年度物流パートナーシップ優良事業者表彰の受賞者

今年度の受賞者は、以下のとおりです。

●経済産業大臣表彰

事業者:株式会社ホンダアクセス 他4社
事業名:Honda純正アクセサリーの九州地区供給モーダルシフト

●物流DX・標準化表彰

事業者:江崎グリコ株式会社 他5社
事業名:チルド販売物流における三者一体での協働効率化
~物流危機を乗り切るAI配車を活用した適正化モデルの実現~

●物流構造改革表彰

事業者:株式会社日本アクセス 他1社
事業名:食品業界における『卸センターにおける納品事業者の待機時間削減』という社会課題解決に向けた、パレチゼーションによる冷凍物流の高効率化

●強靱・持続可能表彰

事業者:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 他13社
事業名:販売代理店の物流ネットワークを活用した医療機器貸出モデル

●グリーン物流パートナーシップ会議特別賞

事業者:江崎グリコ株式会社 他4社
事業名:川上から川下までのトータル物流効率化による、環境・労働負荷軽減と持続性向上
~マザーセンター設置によるBtoB中小規模配送網効率化~

3.開催概要

日時:令和4年12月22日(木曜日) 13時45分から16時35分
(プレス受付13時15分から)
会場:砂防会館 別館1階 シェーンバッハ・サボー
(東京都千代田区平河町2-7-4)
※本年は新型コロナウイルスの感染防止のため、会場でのご参加についてはプレスのみの受付とさせていただき、一般傍聴はオンラインによる配信形式とさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、取材人数を制限させていただく場合があります。
※プレス、一般傍聴ともに、グリーン物流パートナーシップ会議の専用ホームページ外部リンクよりお申し込みください。(申し込み期限:令和4年12月19日(月曜日) 12時00分まで)

関連資料

関連リンク

担当

商務・サービスグループ物流企画室長 中野
担当者:小早川、福島 

電話:03-3501-1511(内線 4151~5)
03-3501-0092(直通)
03-3501-9227(FAX)