経済産業省
文字サイズ変更

第1部 ものづくり基盤技術の現状と課題

はじめに

我が国経済は、安倍内閣の経済政策(「アベノミクス」)の効果が現れるなかで、着実に上向いてきた。ものづくり産業を中心に企業収益の改善が見られ、さらには賃金引上げの動きが広がるなど「経済の好循環」に向け、前進を続けている。一方、我が国の経常収支は4年連続で黒字が縮小し、過去最小の黒字を計上した。内訳をみると、貿易収支が過去最大となる赤字を計上する一方で、直接投資収益等の第一次所得収支が過去最大の黒字を計上するなど、我が国ものづくり産業の稼ぎ方は着実に変化している。

こうした現状にある我が国ものづくり産業について、第1部では、その直面している課題、さらには必要な対応の方向性を以下のとおり取り上げている。

第1章では、「我が国ものづくり産業が直面する課題と展望」を取り扱う。アベノミクスを背景とした企業業績の改善が進み、国内の設備投資も増加しつつあるものの、生産拠点の海外展開は今後も続いていくものと思われる。各国でも製造業の重要性を見直しているが、我が国経済を牽引する製造業は引き続き重要である。国内拠点の役割を見極め、国内・海外でそれぞれ稼ぐ分野を明確化しつつ、国内の製造業の基盤として様々な担い手を育成していくことが課題である。また、デジタル化の進展により、ものづくり産業も大きな変革を遂げている中、我が国ものづくり産業の今後の課題と方向性について記述している。

第2章では、「良質な雇用を支えるものづくり人材の確保と育成」として、労働力人口が減少する中で、良質な雇用の場であるものづくり産業を支えるものづくり人材の果たしてきた役割やものづくり人材の確保・育成の現状と課題、今後求められる施策について記述している。

第3章では、「ものづくりの基盤を支える教育・研究開発」として、ものづくりにおいて重要な鍵となる科学技術イノベーションを推進する人材育成の方向性や女性研究者への支援の取組、また、ものづくりを支える基盤技術の研究開発の状況等について記述している。

また、第2部では、政府が平成26年度においてものづくり基盤技術の振興に関して講じた施策について、網羅的に記述している

第1部 目次

第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望

第2章 良質な雇用を支えるものづくり人材の確保と育成

第3章 ものづくりの基盤を支える教育・研究開発

付論 ものづくり労働者の雇用・労働の現状

<<前の項目に戻る | 目次 |  次の項目に進む>>

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.