1. ホーム
  2. 会見・談話
  3. 大臣談話・声明
  4. オコンジョ=イウェアラ・ナイジェリア元財務大臣のWTO事務局長任命について

オコンジョ=イウェアラ・ナイジェリア元財務大臣のWTO事務局長任命について

  1. 2月15日(現地時間)のWTO特別一般理事会(於:ジュネーブ)において次期WTO事務局長として、オコンジョ=イウェアラ元財務大臣(H.E. Ngozi Okonjo-Iweala)が任命されたことに、祝意を表します。

  2. 経済的・社会的な環境が世界的に大きく変わる中、多国間貿易体制を担うWTOも、顕在化した課題の解決に向けて大きく貢献することが求められています。

  3. 新型コロナウイルスの感染拡大により、医療物資へのアクセスの確保が大きな課題となる一方で、経済社会活動におけるデジタル化の動きが加速しています。また、地球規模でのカーボンニュートラルの実現も、各国が協力して取り組むべき課題です。

  4. さらに、政府による市場歪曲的措置等の防止による公平な競争条件の確保、上級委員会の機能回復に向けた紛争解決手続の改善などに向けた議論も、加速する必要があります。

  5. これらの課題について、オコンジョ=イウェアラ新事務局長がリーダーシップを発揮し、その責務を十分に果たされることを期待します。

  6. 我が国も、オコンジョ=イウェアラ新事務局長や他の加盟国と協力し、WTOが経済社会活動の変化に対応した貿易体制の基盤となるよう、WTOルールのアップデートを牽引していきます。

【参考】WTO事務局長選

(1)WTOは、貿易に関する様々な多国間ルールの交渉の場を提供し、その実施・運用を行うと共に、貿易に係る加盟国間の紛争を解決することを任務として1995年に設立された国際機関。加盟国は164か国・地域。(2021年2月現在)

(2)アゼベド前WTO事務局長の辞任(2020年8月31日)に伴い選挙が行われ、2021年2月15日、WTO特別一般理事会(於:ジュネーブ)において、全会一致でオコンジョ=イウェアラ氏が新事務局長に選出・任命された。事務局長の任期は2025年8月31日まで。

【参考】オコンジョ=イウェアラ ナイジェリア元財務大臣(略歴)

経済学者、国際財政や国際開発分野の専門家として、25年にわたって世界銀行に勤務。2007-11年には世銀ナンバー2ポストである専務理事を務めた。
財務大臣(2003-06年、2011-15年)と外務大臣(2006年)の閣僚経験がある。財務大臣として、債務免除のため主要債権国会合(パリ・クラブ)との交渉を主導、またマクロ経済・貿易・財政分野や政府の透明性強化など各種改革を進めた。元GAVIワクチンアライアンス理事長。
マサチューセッツ工科大学卒(経済学博士)。

お問い合わせ先

通商政策局 通商機構部参事官 木村
担当者:加藤、国田

電話:03-3501-1511(内線 3051~3)
03-3501-5923(直通)
03-3501-5983(FAX)

最終更新日:2021年2月16日