1. ホーム
  2. 会見・動静・談話
  3. 大臣動静
  4. 萩生田大臣が大阪府を訪問し、経済団体との意見交換、大阪・関西万博予定地の眺望視察、吉村知事・松井市長との意見交換を行い、火力発電所を視察しました

萩生田大臣が大阪府を訪問し、経済団体との意見交換、大阪・関西万博予定地の眺望視察、吉村知事・松井市長との意見交換を行い、火力発電所を視察しました

1月5日(水)、萩生田大臣は、令和4年の初の公務として、大阪府を訪問し、関西経済3団体との意見交換、大阪・関西万博予定地の眺望視察、吉村知事・松井市長との意見交換を行い、火力発電所を視察しました。

関西経済3団体との意見交換では、松本関西経済連合会会長、尾崎大阪商工会議所会頭、古市関西経済同友会をはじめとする関西経済界の皆様に、2025年の大阪・関西万博に向け、多大な協力を頂いていることに感謝の意を表しました。また、万博の成功に向けて、大阪・関西地域だけでなく、日本全国での機運の醸成が重要との認識を示すとともに、海外からの参加招請についても、目標である150カ国、25国際機関からの参加表明を目指し、官民一体で参加招請活動を進めていきたいと述べました。あわせて、好業績の企業は賃上げを行ってもらうとともに、大企業と中小企業の共存共栄関係を目指す「パートナーシップ構築宣言」を行っていただくことについて要請しました。

引き続き、大阪府咲洲庁舎を訪問し、万博会場予定地である夢洲を眺望視察しました。また、大阪府吉村知事、大阪市松井市長、2025年日本国際博覧会協会石毛事務総長と会談し、万博に向けての意見交換を行いました。大臣から、工事期間を踏まえると、今年は万博の肝になる具体的な展示内容を決定する等、正念場の一年になる旨を述べ、「大阪・関西万博の開催を強力に推し進めるため、ここ大阪の地を、私の令和4年の仕事始めの場所とした」と発言しました。吉村知事、松井市長からは、規制緩和等についてご要望をいただきました。また、2025年日本国際博覧会協会を訪問し、最前線で業務に当たる同協会職員を激励しました。

さらに、関西電力堺港発電所を視察しました。関西電力は、今年度の第5回インフラメンテナンス大賞において、経済産業大臣賞を受賞されています。大臣は、同発電所で取り組んでいる、ドローンによる煙突の点検や、ロボットやセンサー等のデジタル技術を活用した発電所での保安業務の高度化の取組を視察しました。

大阪市内で行われた会見で、萩生田大臣は、昨年末に、万博の「アクションプラン」を取りまとめたことに触れ、「カーボンニュートラル、デジタル、モビリティ等の我が国の最新技術を世界に示し、我が国、そして世界の未来社会を実現するため、本日いただいた御意見などを踏まえながら、引き続き、全力で準備を進めてまいります」と述べました。

2022/1/5 萩生田経済産業大臣が大阪に出張しました(※「YouTube」METI channel リンク) 外部リンク
<関西経済団体との懇談の写真>

<夢洲眺望視察の写真>

<吉村知事・松井市長との意見交換の写真>

<博覧会協会職員激励の写真>

<堺港発電所の写真>

最終更新日:2022年1月20日