1. ホーム
  2. 統計トップページ
  3. 10月18日は「統計の日」です。

10月18日は「統計の日」です。

「統計の日」を中心に、全国各地で統計に対する理解と関心を高めるために、様々な行事が開催されています。

「統計の日」とは

 日本で最初の近代的生産統計「府県物産表」に関する太政官布告が公布された明治3年(1870年)9月24日を、太陽暦に換算した10月18日を「統計の日」としています。この「統計の日」は、統計の重要性に対する国民の皆様の関心と理解を深め、統計調査に対する国民の皆様のより一層の御協力を頂くため、昭和48年(1973年)7月3日の閣議了解により定められました。

 総務省を始めとする各府省や地方公共団体では、この「統計の日」を中心として、「統計の日」のポスターを作成するなどの広報活動を行うほか、統計に対する関心と理解を深めていただくための講演会や展示会の開催、統計功労者の表彰等の諸行事を実施しています。

[ご参考] 令和4年度「統計の日」(10月18日)関連行事紹介(総務省へのリンク)外部リンク

統計の日ポスター
「統計の日」のポスターです。「統計の日」の周知を図り、統計への関心を深めてもらうため、「統計の日」のポスターを作成しています。ポスターの作成に当たっては、毎年募集を行っている「統計の日」の標語の特選作品を活用しており、全国の都道府県・市区町村及び小中学校等にて掲示されます。また、「統計の日」のポスターデザインや標語は、各府省や地方公共団体等において、広報物品、刊行物、封筒等、幅広く使用されます。

経済産業省の主な取り組み

統計データ・グラフフェア(一般向け)

国民の統計に対する関心と理解の促進を目的として開催されるイベントです。


統計データ・グラフフェア表 統計データ・グラフフェア裏
統計グラフ全国コンクールの入賞作品や各府省の統計調査に関する展示など、統計の面白さを感じていただける展示を行う予定です。 多数の方に御来場いただき、暮らしの中で活用されている統計に親しんでいただくとともに、統計の役割とその重要性について考えていただくきっかけとなることを期待しております。

開催時期
令和4年10月29日(土) 10:00~20:00 、 30日(日) 10:00~17:00
開催場所
新宿駅西口広場 イベントコーナー(入場無料)
主催
総務省、東京都、(公財)統計情報研究開発センター
協力
厚生労働省、農林水産省、環境省

統計大会

「統計の日」を中心に、統計の進歩や発展及び普及啓発を目的として、各地で全国統計大会や地方統計大会が開催されます。


統計150年記念式典・第70回全国統計大会 の開催概要

日時
令和4年12月7日(水)13時30分~14時05分(統計150年記念式典)、14時30分~16時00分(第70回全国統計大会)
場所
国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
⇒会場へのアクセスについてはこちら外部リンクをご覧ください(国立オリンピック記念青少年総合センターホームページ)。
主催
総務省、(公財)統計情報研究開発センター
  • (1)地方公共団体における統計データ利活用表彰
  • (2)統計データ分析コンペティション入賞者表彰
  • (3)第70回統計グラフ全国コンクール入賞者表彰
  • (4)令和4年度「統計の日」標語入選者表彰

地方統計大会(統計功労者表彰式)

都道府県及び都道府県統計協会では、地方統計大会や統計功労者表彰式を開催し、統計功労者及び統計グラフコンクール入選者等の表彰、講演会等を行っています。

最終更新日:2022年10月4日