質問:この指標はどうやって使うのか。何をみることができるのか。
回答:本指標は、企業の生産計画から算出された製造業の短期的な先行きをみることができます。先行きの生産が増えるのか、あるいは減るのかを、伸び率で確認することができます。また業種別の内訳も公表しているので、先行きの生産動向に、どのような業種が影響しているかもみることができます。
質問:「予測」とあるが誰が先行きを予測しているのか。経済解析室が予測しているのか。
回答:製造工業生産予測調査は、製造業の代表的な品目を生産する企業に、生産実績及び先行き2か月の生産計画を毎月調査しています。したがって、調査結果は当室、あるいは特定の者が予測を行っているものではなく、企業の生産計画から算出された先行き見込みです。
質問:製造工業生産予測指数はなかなか当たらない。もっと正答率を上げないのか。
回答:製造工業生産予測指数は企業の生産計画から作成した指標であるため、見込みと実績のずれは、そのまま企業の生産計画と実績のずれを表しています。ずれが生じる要因はいくつかありますが、例えば調査対象企業の製品を購入している客先の都合で納期が先延ばしになった、部品の供給が遅れ予定していた生産が行えなかった、天災等により急遽工場のラインを止めることになった、などがあります。また、企業の生産計画は実際の生産よりも多めにでる傾向があり、単純に集計した結果では先行きを簡単にみることができません。
そこで、経済解析室ではこの傾向的な部分を修正した補正値を別途作成し、調査結果とあわせて公表しています。

お問合せ先

  • 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室
    電話:03-3501-1511(代表)(内線2853)、
    03-3501-1644(直通)
    FAX:03-3501-7775
    E-MAIL:qqcebc@meti.go.jpメールリンク

最終更新日:2018年4月27日