経済産業省
文字サイズ変更

「ふるさとへの帰還に先だつ長期の宿泊」について

平成28年6月17日(金)
原子力災害現地対策本部
原子力被災者生活支援チーム

1.制度趣旨

原則として避難指示解除準備区域・居住制限区域であって、一定の時期までの間に線量水準の低減や生活環境等の復旧が完了することが確実と見込まれ、また、当該区域内において既に日常生活に必須のインフラ、及び生活関連サービスの復旧が概ね完了しており、自宅での生活を通じた清掃や修繕、安全・安心確保のための取組、農地の管理、店舗や事業所の再開準備等が可能となっている場合に、避難指示解除の時期を定めた上で、解除後の本格的な復興に先んじた準備を行うため、住民等の先行的な宿泊を可能とする。

2.対象区域

原則として避難指示解除準備区域・居住制限区域であって、以下の要件を満たす区域

原子力災害対策本部における、避難指示解除時期の決定がなされていること。

3.実施期間

1.の制度趣旨に照らし、原子力災害現地対策本部長と市町村長が協議して定める時期から、避難指示解除までの期間(平成29年3月31日を最長とする)。

4.宿泊が可能となる者

避難指示が継続していることから、所定の登録作業を必要とするが、以下の者を、2.の対象区域において、3.の実施期間については、宿泊可能とする。

  • (1) 対象区域に住居を有する住民及び当該住民が属する世帯の代表者が適当と認める者(親戚、友人等)
  • (2) 農地の管理、店舗や事業所等の本格実施に向けた準備作業等を行う者
  • (3) その他(1)又は(2)に準ずる者であって、1.の制度趣旨に照らして、原子力災害現地対策本部長及び市町村長が協議の上、適当と認める者

5.事業の実施

1.の制度趣旨に照らして、事業実施に関する規制について、手続き等を簡略化し、解除後の本格的な復興に先んじた準備に取り組む、事業所の再開又は新設を伴う事業(以下単に「事業」という。)を対象に以下をはじめとする措置を講ずる。なお、労働者を使用する事業者(以下単に「事業者」という。)は、事業所の放射線量を把握し特定線量下業務に該当するかどうかを確認の上で、現場の実態に即した放射線障害防止対策を講ずるよう努めるものとする。

(1)実施可能な事業活動の範囲

避難指示解除準備区域・居住制限区域では、当該区域外からの集客を主とする事業(宿泊業、観光業など)の実施は認められていないが、原子力災害現地対策本部長及び市町村長が協議の上、適当と認める場合には、これらの実施も可能とする。

(2)居住制限区域における例外的な事業の実施

避難指示区域内における活動について、2.の対象区域における居住制限区域では、事業の実施に際しての申請等は不要とする。
ただし、市町村長が、事業者に対して、以下の手続きを求める場合にはこの限りではない。

  • ①所定の様式に基づき、事業者が事業を開始した日から30日以内に、市町村への届出を行う。市町村は当該届出を受け取った後、遅滞なく原子力災害現地対策本部へ共有するものとする。
  • ②従前の事業実施の申請手続きを行う。なお、居住制限区域において認められている事業活動のうち、市町村長が適当と認めたものについては、事業を開始した日から30日以内に行う、市町村への所定の様式の届出により代えることができる。市町村は当該届出を受け取った後、遅滞なく原子力災害現地対策本部へ共有するものとする。

(3)事業者の夜間滞在申請

事業者等の夜間滞在に際してはこれまで、市町村が申請様式に基づき、原子力災害現地対策本部に確認した上で例外的な夜間滞在を認めていたが、2.の対象区域においては、市町村から原子力災害対策本部に対する夜間滞在開始前の所定の様式による届出によって代えることとする。ただし、市町村の判断により、事業者に対して、従前の夜間滞在申請手続きを求める場合にはこの限りではない。

6.宿泊者を対象に国及び市町村が連携して講ずる措置

避難指示が継続している地域での宿泊であることにかんがみ、国及び市町村が協議の上、宿泊者を対象に以下をはじめとする措置を講ずる。

(1)宿泊者からの相談を受ける体制の整備

避難指示解除に向けて生ずる懸念点等に対し、きめ細かく対応策を講じていく観点から、宿泊者からの各種相談(インフラ、生活関連サービス、線量に関する健康相談など)に応じる相談窓口を整備する。

(2)宿泊者への個人線量計の貸与・線量データの説明

希望する宿泊者に対して、個人線量計を貸与する。希望する住民に対しては、線量データに関する丁寧な解説等を行う。

(3)防犯・防火対策の徹底

宿泊者名簿の作成、警察、消防との共有等を行う。

お問合せ先

内閣府原子力被災者生活支援チーム 支援調整官 松井 拓郎
担当者:古屋、外山
電話:03-3581-9768

 
最終更新日:2016年6月17日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.