経済産業省
文字サイズ変更
アクセシビリティ閲覧支援ツール

国際租税

BEPSを踏まえた各国動向及び日本企業の対応に関する調査(平成27年度)

【調査の目的】
 OECD・G20各国税務当局を中心として、多国籍企業の過度なタックス・プランニングによる課税逃れを防止するため、各国共通の国際課税ルールの構築を図る取組(BEPS (Base Erosion and Profit Shifting、税源浸食と利益移転)プロジェクト)が行われ、2015年10月に、OECDから最終報告書(Final Report)(以下「BEPS最終報告書」という。)が公表されました。
 これを踏まえ、本調査において、日本企業が多く進出している国・地域がBEPS最終報告書を踏まえどのような制度改正を実施し、日本企業にどのような対応が求められるのか、また、日本企業はどのような国・地域において二重課税のリスク等の税務上の課題を抱えており、投資交流の促進に向けた課題を有しているのかについて、各国の制度改正を調査し、また、有識者へのヒアリング及びアンケートを行いました。今後、日本における制度改正の要否検討の参考にするとともに、海外に子会社を有する日本企業の事業活動に資する情報提供を行いつつ、適切な租税条約ネットワークの拡充を図るための材料とすることを目的としております。

【調査報告書】 【調査報告書(別添資料)】
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.