経済産業省
文字サイズ変更

中小企業の皆様へ

中小企業の有する技術、技能、ノウハウなどは、典型的な「知的資産」であり、これらを認識し、組み合わせて活用することが企業の収益・成長の源泉であると考えられます。 従来、企業は知的資産を必ずしも意識的に活用しておらず、また、取引先や金融機関などとの関係において、その内容が適切に示されず、評価もされてこなかったと考えられます。 そこで、中小企業において知的資産を活かした経営、「知的資産経営」を促進するため、(独)中小企業基盤整備機構では知的資産経営に関するリーフレット、マニュアルを作成・公開しています。

また、技術や技能、ノウハウといった知的資産を適切に管理し活用していく体制を構築していくことも中小企業にとって重要な課題となっています。 しかしながら人的リソースが限られる中小企業が、自前でこうした管理体制を構築することは困難であるため、国や自治体のセミナーや相談窓口、専門家の助言や各種助成制度を活用しながら体制を構築していくことが効果的です。 平成24年度の調査研究結果を基に、中小企業が知財管理体制を構築していく道筋例をご紹介しておりますので、併せてご参照ください。

お問合せ先

経済産業政策局 知的財産政策室
電話:03-3501-3752(直通)
FAX:03-3501-3580

経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.