経済産業省
文字サイズ変更

攻めのIT経営銘柄

経済産業省は、東京証券取引所と共同で、戦略的なIT活用に取り組む企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定し、公表しています。中長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家にとって魅力ある企業を紹介するとともに、企業による「攻めのIT経営」の取組みを促進することを目指しています。

「攻めのIT経営」ロゴマーク

 

1.「攻めのIT経営銘柄」とは

  現在、IoT、ビッグデータ、AIなどに代表されるような情報技術の急速な発展により、産業構造やビジネスモデルがか つてないスピードで変革する時代を迎えています。このような大転換期において、我が国企業が厳しい国際競争を勝ち抜いていくためには、従来の社内業務の効率化・利便性の向上を目的としたIT投資にとどまることなく、中長期的な企業価値の向上や競争力の強化に結びつく戦略的な攻めのIT投資が重要です。
 経済産業省は、こうした背景の中、東京証券取引所の上場会社の中から、新たな価値の創造、経営革新、収益水準・ 生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定・公表しています。

2.「攻めのIT経営銘柄」選定企業レポート

 これまでに攻めのIT経営銘柄に選定された企業の取組に関するレポートを公開しています。攻めのIT経営に向けた取組の参考としてください。

3 .「攻めのIT経営銘柄2016」の発表について

 平成28年6月9日、第2回目となる「攻めのIT経営銘柄2016」の発表会を丸ビルホールにて開催しました。
「攻めのIT経営銘柄2016」として、以下の26社を選定しました。 

4.「攻めのIT-IRガイドライン」について

経済産業省では、「攻めのIT経営」を進める取組の一つとして、各企業が投資家等に向けてIT活用に関する情報発信をする際の参考になることを目指した「攻めのIT-IRガイドライン」を策定・公表しています。本ガイドラインを基に、各企業が統合報告書や投資家等との対話の中でIT利活用に関する情報を開示し、「攻めのIT経営」の更なる理解やITを活用した中長期的な企業の成長につなげていくことを目的としています。

 5.これまでのプレスリリース

 銘柄2015選定プレスリリース
 http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150526003/20150526003.html

 銘柄2016選定プレスリリース
 http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160609002/20160609002.html

 6.参考

お問合せ先

攻めのIT経営銘柄について
商務情報政策局 情報処理振興課
電話:03-3501-2646(直通)

最終更新日:2016年11月25日
経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy, Trade and Industry. All Rights Reserved.